113c964a4071af38c5b8cb8ab6823b55_s

2016年4月最新版!AGA・薄毛治療おすすめ病院ランキング

HARG療法と自毛植毛の違い

薄毛治療にはいくつかの種類がありますが、その中に「HARG療法」と「自毛植毛」があります。施術を行う病院によって方法に多少の違いはありますが、HARG療法は注射器で個人の薄毛の状態にあった育毛成分を頭皮の毛穴に直接注入する方法で、施術を受けた人の9割以上が効果を実感したというデータもあり、この効果の高さが最も大きなメリットです。施術期間については一度の施術で効果を実感する人から月に1回程度の施術を1年程度続ける必要のある人もいます。

一方で自毛植毛は薄毛が気になっている場所に後頭部などの薄毛になりにくい場所の自分の毛を手術で移植する方法です。施術する範囲にもよりますが一度に広い場所を移植することも、少しずつ移植していくことも可能で、短い期間で自然に自分の毛を増やしていくことができます。そして施術後半年~1年程で植え付けた毛が頭皮に定着しますが、植え付けた毛の全てが定着する人もいれば全く定着しない人もいるようです。

内服薬を服用するだけの薄毛治療と比べると両者は短い期間で高い効果が期待できる分、やはり費用については高くなる傾向にあります。HARG療法については1回が10万円前後、1年行うと100万円超えることもあります自毛植毛は移植する範囲が広い程費用が高くなり、100万円を超えることもあります。しかし問題なく定着できればメンテナンスは必要なく、自分の毛としてヘアスタイルを楽しむことができます。

副作用についてHARG療法の施術に関しては大きな副作用は報告されていませんが、内服薬を合わせて服用する場合には頭痛や吐き気の症状などが稀に起こることもあるようです。一方で自毛植毛については植え付けた毛が頭皮に合わずに炎症を起こすこともあるようですが、技術の進歩によりこの副作用の件数も以前よりは少なくなってきているようです。

こんな人にはHARG療法がおすすめ

HARG治療は男性女性問わず、どのような薄毛のタイプにもおすすめの治療方法です。今までに内服薬による薄毛治療をしてきても効果のなかった人できるだけ早く結果を出したい人、また薄毛が気になっていながら長期間何も対策をしてこなかった人はHARG治療を検討してみてもよいかもしれません。

こんな人には自毛植毛がおすすめ

男性のAGAの場合、例えば前頭部の生え際に自毛植毛をしてトラブルなく定着できても植毛していない生え際部分が後退していく可能性があり、見た目にも不自然です。そのため自毛植毛を行う時期は慎重に検討する必要性があります。この点から薄毛治療の最終段階と考え、内服薬治療やHARG治療をしても十分な効果を得られなかった人が自毛植毛に切り替える人がいます。そして費用が高い分、薄毛治療にかける費用は気にならない人にもおすすめです。

薄毛対策は他にもカツラや増毛などいくつかの種類があるので比較検討して自分に合った方法を選びたいものです。

育毛剤おすすめランキング
最新版!AGA・薄毛治療おすすめ病院ランキング