db4d7fa8dba10034f90566a3dba6e584_s

2016年4月最新版!AGA・薄毛治療おすすめ病院ランキング

ミノキシジルの効果は?

ミノキシジルは育毛剤に含まれている血管を拡張する効果が期待できる成分の一つです。元々は高血圧の治療薬として1970年代に開発されましたが、全身の毛が硬くなるという副作用があったことから、様々な実験を経て薄毛の治療にも用いられるようになりました。頭皮の血行不良が原因で薄毛を起こしている場合に、また進行してしまった薄毛の改善にも大きな効果が期待できます。

ミノキシジルを含む飲むタイプと塗るタイプの2種類の育毛剤がありますが、やはり体の内側から直接働きかける飲むタイプの育毛剤の方が即効性があるという意見が多いです。個人のブログで「ミノキシジルより強い薬はない」と言いきっている人もいるほどで、その高い効果から「ミノキシジルの内服薬を服用し始めて1か月で産毛が生えてきた」と効果を実感した人もいます。しかしこれは稀なケースで、3~4か月程度は服用して効果を実感したという人が多いです。

ミノキシジルの値段は?

ミノキシジルを病院で処方してもらう場合、保険が適用されず治療費も含めて自費で支払う必要があり、1か月分が2万円程度になることもあります。

また最近ではミノキシジルのような育毛剤だけに限らず、海外製の医薬品を個人輸入で入手する人が増えています。自分で個人輸入を利用すると手続きが煩雑でトラブルも起こりやすいですが、個人輸入を代行してくれる業者もあるため利用者はインターネットで申し込んでお金を支払うだけで自宅に届けてくれます。(医薬品の個人輸入は法律で自宅以外では届けられないと規定されています。)ミノキシジルを個人輸入で入手利用する場合、1か月分3千円程度で入手できます。

個人輸入は大変便利ですが、初めてミノキシジルを含む育毛剤を使う人は自分の薄毛の原因を知るためにも必ず病院で処方してもらわなければなりません。

ミノキシジルの副作用は?

ミノキシジルは効果の高い薬ですが、その分副作用もあります。ミノキシジルが持つ血管を拡張する効果から低血圧につながる恐れがあり、特に低血圧の治療中の人は利用できない可能性があります。また塗るタイプの育毛剤では頭皮に強いかゆみや炎症を起こす副作用が実際に報告されています。

そして体の毛が濃くなってしまう多毛症の症状や、体の血流がよくなることでお肌に皮脂が多く分泌されてニキビなどの肌トラブルを起こす可能性もあります。これらの副作用が発生したらすぐに使用を中止しなければなりません。副作用の症状がひどくなって死亡したケースもありますが、医師に処方してもらう場合には心配しすぎることはありません。

また女性がミノキシジルを含む育毛剤を使う場合、ミノキシジルの配合量が1~2%の物しか使えず、それ以上を使うと副作用の危険性があります。そうでなくても女性は男性よりもお肌がデリケートなため、できればミノキシジルを含む女性用の育毛剤か、男性用の育毛剤でも「女性でも使えるか」を事前に確認して使いましょう。

ミノキシジルの副作用についてはこちらに詳しくまとめていますので、参考にしてください。

育毛剤おすすめランキング
最新版!AGA・薄毛治療おすすめ病院ランキング