3eb7771451a32b12a8ebe0a29359dca2_s

2016年4月最新版!AGA・薄毛治療おすすめ病院ランキング

ミノキシジルの内服薬

ミノキシジルを含むAGA治療薬には内服薬と外用薬(頭皮に塗るタイプ)の2種類があります。内服薬にはミノキシジルの含有率別に2.5mg、5mg、10mgの3種類があり、もちろん多い方が効果は期待できますが、副作用の危険もあるため特に初めて使う人は軽いものから使わなければなりません。

ちなみにミノキシジルは本来は高血圧を治療するための薬に含まれている成分であり、日本国内では認可されていません。実際に服用後に死亡したという副作用も報告されており、万が一副作用が起こっても保護制度などを活用することはできません。ミノキシジルの内服薬は薄毛治療を専門に行っている病院で処方してもらわなければなりません。(専門病院でも取り扱っていないケースもあるようです。)

ちなみに日本では個人輸入でミノキシジルを含む内服薬を入手できますが、そもそも体質にあわない場合や、粗悪品の可能性もあるので最初は必ず病院で処方してもらわなければなりません。

ミノキシジルの外用薬

テレビCMで有名になったミノキシジルを含む塗るタイプの育毛剤があり、ドラッグストアで入手できます。この育毛剤にはミノキシジルが1%程含まれていますが、ミノキシジルを含む外国製の育毛剤では10%以上含むものもあり、濃度が高いものほど効果が期待できます。しかし頭皮に強烈な痒みや湿疹などができる副作用も報告されていますので、内服薬と同様に初めて使う人はミノキシジルの含有率が低いものから使った方がよいでしょう。

ミノキシジルは内服薬と外用薬どちらが効果ある?

ミノキシジルは血管を拡張して血流を改善する効果がある成分であることから、一般的には体の中から直接働きかける内服薬の方が効果を得られる人が多く、高い効果を期待するのでれば内服薬の方がおすすめです。しかしこの高い効果から副作用が起こる可能性も高いです。また妊活中の男性は生殖機能に影響が出る可能性もあり、副作用が心配な人や他の病気を治療している人は外用薬を使った方がよい場合もあります。

ミノキシジルの内服薬と外用薬は併用した方がいい?

結論から言えば、ミノキシジルの内服薬と外用薬を併用すると更なる効果が期待できます。しかし何度も言うようですがミノキシジルは「最強の育毛剤」という人もいるほど効果が高い分、副作用を起こす可能性も高いです。ミノキシジルを含む内服薬と外用薬を併用する人は少なく、例えば内服薬はプロペシア、フィナステリドなど別のAGA治療薬を利用し、外用薬でミノキシジルを含む塗り薬を使うケース、逆に内服薬はミノキシジルを含むものを使い、外用薬で他のものを使うケースもあります。

ミノキシジルを含まない内服薬や外用薬を使う場合、商品のパッケージなどに「ミノキシジルと併用してはいけない」と書かれているものあるので必ず説明を読んでから使う必要がありますが、いずれにしても安易に自分で判断して使うことはよくないため初めは必ず医師に相談しましょう。

育毛剤おすすめランキング
最新版!AGA・薄毛治療おすすめ病院ランキング