cce2113c14c738a90b15cb0d3c79f8d1_s

【2018年版】男性用育毛剤おすすめランキング

アルコールが頭皮に与える影響

市販されている育毛剤をはじめ、トニックやスプレーの中にはアルコールが含まれているものが多いです。育毛剤にアルコールが含まれている理由は「防腐のため」「頭皮の血行促進のため」など薄毛対策にはよいイメージがありますが「アルコールが入った育毛剤を使うと頭がはげる」という噂もあるほどで、このような育毛剤を使い続けると頭皮に悪い影響を及ぼす可能性が高いです。

そもそもアルコールは「揮発性(常温で気体になる)物質」です。頭皮に育毛剤を塗るとアルコールが頭皮の細胞を破壊してどんどん浸透してすぐに蒸発します。その際に水分や脂質も一緒に蒸発させてしまうため、頭皮が乾燥してかゆみやかぶれなどの炎症を起こす可能性があるのです。育毛によいどころか発毛のための頭皮環境を悪くさせる恐れがあるので、皮膚の弱い人やアルコールによる刺激の弱い人は特に使わない方がよいでしょう。

そしてできれば育毛剤はぜひアルコールフリーもしくはアルコール濃度の低いものを選びたいです。

アルコールが毛髪に与える影響

アルコールが含まれている育毛剤を使った頭皮を乾燥させる恐れがあり、対策をしないと髪にコシがなくなり、最終的には抜けてしまいます。またパーマやカラーをしていると一段と色が落ちやすいため、使わない方がよいと言われています。

育毛剤を選ぶ際にパッケージには含まれている成分が書かれています。「エタノール」や「パラベン」がアルコールにあたり、濃度が濃いものほど塗ってすぐに「ヒリヒリ」「チクチク」というような感じがあります。

一方で薬事法で「医薬部外品」や「化粧品」に分類される育毛剤には明確に「どの成分がどれだけ入っているか」を記載する義務がないので主に含まれている成分が多い順に書かれています。上記のような成分が最初の方に書かれていると成分が多いことになるということを覚えておきましょう。また「火気厳禁」などという表示が去れている場合にも注意が必要で、中には成分の半分ほどがアルコールという商品もあるようです。

ノンアルコールの育毛剤は?

市販されている育毛剤は防腐剤や香料、着色料といった添加物を含まないものは多いのですが、ノンアルコールの育毛剤の数は少ないです。

そんな中でもサラヴィオ化粧品が販売するM-1育毛ミストはアルコール、防腐剤、香料など一切使われておらず、男性も女性も使える育毛剤です。公式通販サイトなどから購入できます。

またソーシャルテックが販売するチャップアップはアルコール(エタノール)が1%しか含まれておらずT.Sコーポレーションが販売するブブカも最低限のエタノールしか使用していませんので、このような商品がおすすめです。

ちなみに上記の3つの育毛剤は「定期購入コース」や「使ってみて満足できなければ返金されるシステム」が導入されていますのでぜひ利用したいです。

育毛剤おすすめランキング