a80ba4ccec481e15507b7d67397425e5_s

【2018年版】男性用育毛剤おすすめランキング

5αリダクターゼ抑制

男性のAGAは「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンが原因で起こります。ジヒドロテストステロンは「テストステロン」という男性ホルモンと「5αリダクターゼ」という酵素が合わさってできますが、病院で治療を受けるとこの5αリダクターゼの働きを抑制する効果のある「フィナステリド」という成分が含まれた内服薬が処方される場合が多いです。そして下記4つの成分はフィナステリドと同様の効果が期待できる成分です。

オウゴンエキス

オウゴンエキスはコガネバナというシソ科の多年草から抽出したエキスです。下痢や腹痛などお腹の不調を改善する効果があることから漢方薬としても使われている成分です。AGAの改善だけでなく頭皮の皮脂の分泌を抑える効果や、頭皮の炎症を解消する効果もあるため、発毛のための頭皮環境を整えることができます。

天然成分で副作用の心配はないイメージがありますが、オウゴンエキスが含まれる育毛剤を使ったことでプロペシアと同様の副作用が起こる可能性はあるようです。オウゴンエキスは「チャップアップ」や「ブブカ」などの塗る育毛剤やサプリメントタイプの育毛剤に含まれています。

ヒオウギエキス

ヒオウギエキスはヒオウギというアヤメ科の植物から抽出された成分です。ヒオウギの根にはイソフラボンが含まれています。イソフラボンは髪を成長させる役割のある女性ホルモンの「エストロゲン」と同様の働きをすることで知られています。

AGAの改善はもちろんのこと、紫外線などのダメージで頭皮には「MMP-1」という成分が生成され、これが原因で抜け毛が進行します。ヒオウギエキスにはMMP-1が作られるのを防止する働きがあるため、抜け毛を防止する効果があるのです。ヒオウギエキスは「薬用プランテル」「チャップアップ」などの育毛剤に含まれています。

ノコギリヤシ

ノコギリヤシというヤシ科の植物から抽出された成分で、インディアンが住む地域に豊富にあったことからインディアンには薄毛の人がいなかったとも言われています。AGAを改善する効果があり、特に「チャップアップサプリ」などサプリメントタイプの育毛剤に多く含まれており、体の内側から直接作用するため高い効果が期待できます。また天然の成分なので使用量を守れば副作用の心配はほとんどありません。

キャピキシル

キャピシルはアカツメクサという植物に含まれる成分です。フィナステリドと同様の効果がある「ビオカニンA」という成分と、傷んだ毛を修復する効果のある「アセチルテトラペプチド-3」という成分からできています。

またキャピシルには育毛剤のリアップに含まれている「ミノキシジル」という血管拡張効果のある成分の3倍の効果があるというデータもあり、副作用の心配もないので女性でも安心して使える成分です。キャピシルは「ザスカルプ5.0c」「Deeper3D」に含まれており、両者には使ってみて満足できなければ返金保証システムが設定されていますので初めての人でも安心して利用できます。

頭皮の血流促進・頭皮環境の改善

M-034

「M-034」はコンブやワカメなど褐藻(かっそう)類の“ネバネバ”の部分に含まれている成分です。市販されている医薬部外品の育毛剤に含まれている最も注目されている有効成分の一つです。M-034が含まれた育毛剤を使うと頭皮の血行促進と頭皮の保湿効果も期待できます。

ちなみに育毛剤の「リアップ」には血管拡張効果のある「ミノキシジル」が配合されています。M-034はミノキシジルと同等の効果があることが分かっており、頭皮の血行不良による薄毛を起こしている人にはオススメの成分です。

M-034は市販されている育毛剤で人気の「チャップアップ」や「ブブカ」などにも含まれています。ミノキシジルが含まれた育毛剤を使った人の中には頭皮のかぶれなどの副作用があった人もいますが、M-034は天然の成分なので副作用の心配がほとんどないのが魅力です。

センブリエキス

「センブリエキス」はセンブリというリンドウ科の草から抽出した成分で「スウェルチアマリン」とも言います。頭皮に塗ると血管拡張効果があることから血流を改善できるだめ、髪に栄養を行き渡らせて元気な髪を作ることができます。またセンブリエキスは「アマロゲンチン」という成分も含まれており、毛を作る組織を活性化する働きもあるため、発毛効果が期待できます。

ちなみにドラッグストアでは「センブリ茶」が販売されており、大変苦味のあるお茶です。この苦味が胃を刺激して消化吸収を活発にすることから利用者が多いですが、胃の刺激が脳へも伝わり、血流を活性化することからセンブリ茶には育毛効果も期待できます。センブリエキスは「ポリピュア」「薬用ナノアクションD」「黄金樹」などの育毛剤に含まれています。

グリチルリチン酸2K

「グリチルリチン酸2K」(もしくは「グリチルリチン酸ジカリウム」と表示されているかもしれません。)は甘草というマメ科の植物から抽出した成分で強い甘味があることで知られています。

アレルギー症状を抑える効果が期待できることから女性用の化粧品や育毛剤、シャンプーにも含まれている成分です。発毛効果はありませんが、グリチルリチン酸2Kが含まれた育毛剤を使うと頭皮の炎症を改善したり、アレルギー症状を抑えることができ、発毛のための適切な頭皮環境を作ることができます。グリチルリチン酸2Kは「ベルタ育毛剤(女性用)」や「ポリピュア」などに含まれています。

ジフェンヒドラミンHC

ジフェンヒドラミンHC(HC=塩酸塩)はアレルギー症状を抑える効果があり、アトピー治療薬にも使われている成分です。新しい毛を発毛させるためには頭皮環境を整えることは重要ですが、ジフェンヒドラミンHCにはアトピーをはじめとする肌の炎症を抑える効果、また血流促進効果があることから頭皮の発毛環境を整えることができます。

頭皮が固い(血流が悪い)人や肩こりが絶えずに薄毛に悩まされている人にはオススメの成分です。市販されている育毛剤では「チャップアップ」や「ブブカ」にも含まれています。

酢酸DL-α-トコフェロール

市販されている育毛剤に含まれている有効成分の一つに「酢酸DL-α-トコフェロール」があり、血行促進効果とフケ予防の効果が期待できる成分です。ビタミンE誘導体として化粧品にも含まれている成分で、頭皮の殺菌とニキビ予防に役立つことから育毛のための頭皮環境をよくする効果があります。

更に抗酸化作用(サビを防ぐ作用)があることから酸化防止剤として含まれている育毛剤もあり、ごく稀にアレルギーを起こす人もいるようなので注意が必要です。酢酸DL-α-トコフェロールは「ナノアクションD」「ベルタ育毛剤(女性用)」などに含まれています。

パントテニエルエチルエーテル

ビタミンB群の一種の「パントテニエルエチルエーテル」は血行促進効果、フケやかゆみを予防する効果、そして頭皮の炎症を改善する効果が期待できる成分です。また毛を作る細胞を活性化させる作用があるため、新しい毛を発毛させる効果も期待できる成分です。

基本的に育毛剤は頭皮に吸収されにくく、効果が出るまでには長期間使わなければならないという特徴があります。しかしビタミンB群は「水に溶けやすい」という性質があるため、育毛剤の成分として使われやすく、パントテニエルエチルエーテルが含まれた育毛剤を頭皮に塗ることで成分が速やかに吸収され、その効果を発揮します。パントテニエルエチルエーテルは「薬用リリィジュ」「アデノバイタル」などに含まれています。

ニンジンエキス

ニンジンエキスは主にオタネニンジンとう朝鮮人参の一種から抽出された成分で、2000年以上も前から疲労回復や滋養強壮のために薬草としても使われてきました。髪を作るタンパク質を合成する効果、頭皮の血行促進と保湿効果、また肌荒れやニキビも解消するため育毛のための頭皮環境を整えることが期待できる成分で、頭皮がベタついていたりフケが気になる人はぜひおすすめの成分です。塗る育毛剤とサプリメントタイプの育毛剤にも含まれています。

ニンジンエキスは「チャップアップ」「ブブカ」「ポリピュアEX」などに含まれています。植物由来の成分なので安心して使えますが、ニンジンにアレルギーを持つ人は注意が必要です。育毛剤を使ってかゆみ、赤み、湿疹などができたら使用を中止しなければなりません。

成長因子

CTP

「CTP」は育毛有効成分の一つで「6-ベンジルアミノプリン」とも呼ばれます。そもそもは植物の細胞分裂を促進する効果から花や実を成長させるために使われているものです。

髪の99%は「ケラチン」というタンパク質で構成されています。そして毛乳頭細胞にある「BMP」というタンパク質が増加することでケラチンの合成が促進され発毛につながります。女性の場合は加齢などが原因でBMPの量が減るため薄毛が進行しやすいです。

しかし育毛剤でCTPを補給するとBMPが多く作られるため、新しい毛を発毛させたい人にはぜひおすすめの成分なのです。CTPは「薬用育毛剤CTP」「クオレ」などに含まれています。

育毛剤おすすめランキング