55b1a43001fe764aaa7ffb7e0612f542_s

【2018年版】男性用育毛剤おすすめランキング

CTPとは

CTP(6-ベンジルアミノプリン)は、植物生理学者のフォルク・スクーグが初めて合成に成功した植物ホルモンの一種です。CTPには花の開花や果実の成長を促進させる働きがあり、主に農業分野で広く使われています。また、呼吸キナーゼを抑える働きも持っており、農作物の収穫後にポストハーベスト農薬としても使用されています。

1990年、通販化粧品ブランドの「DERMED(デルメッド)」で知られる三省製薬では白髪防止剤の研究を行っており、約500種類の成分の中からCTPに優れた育毛効果があることを発見しました。CTPには植物細胞だけでなく、毛根細胞も活性化する効果があったのです。その後、三省製薬はCTPを配合した育毛剤の開発のために研究を始め、1995年には厚生省にその有効性を認可されています。

CTPが厚生省から認可を受けられたのは育毛の有効性だけでなく、身体への安全性も兼ね備えていたからです。皮膚科の試験でもCTPの安全性は確認されており、安全に使用することができる育毛剤として約20年に渡り薄毛治療に役立てられています。

CTPの育毛効果

三省製薬では、髪の悩みを抱える約700人のモニターにCTPを配合した育毛剤を使用してもらい、その効果を確認してもらうという調査を行っています。調査結果によると、約80パーセントの人が抜け毛の減少を実感したとのことです。その後、育毛剤を継続して使用したところ、80パーセントが抜け毛が減った、73パーセントが毛髪がしっかりしてきたと回答しています。

CTPは女性の脱毛にも効果的

女性は年齢とともに女性ホルモンの分泌量が低下していき、その影響によって発毛を促すBMPという物質も減少していきます。女性の髪は30代をピークにして少しずつ細くなっていき、髪が生えにくくなったり、髪が抜けやすくなったり、髪全体のボリュームがダウンしたりします。薄毛というと男性特有の悩みと思われがちですが、近年では薄毛に悩んでいる女性も多いです。

男性の薄毛は髪が太くなる前に成長期が止まってしまうのが原因ですが、女性の薄毛は成長期に髪がしっかりと育たないのが原因です。そのため、女性が男性用の育毛剤を使用しても十分な効果を得ることができません。しかし、CTPには発毛を促すBMPの算出を助けるという働きを持っており、女性の薄毛にも非常に効果的です。毛根細胞に働きかけ、毛根から太くて強い髪を育ててくれます。

育毛剤おすすめランキング