08cc793f2dd5f12997ec96d5aac87a29_s

【2018年版】男性用育毛剤おすすめランキング

オウゴンエキスとは

オウゴンエキスとは、シソ科の多年草であるコガネバナ(黄金花)の植物の根を乾燥させて抽出したエキスです。オウゴンエキスには抗炎症作用、抗アレルギー作用を持つバイカリンやバイカレインが含まれており、頭痛、腹痛、嘔吐、胃炎、腸炎、下痢などの改善効果があります。オウゴンエキスは古くから漢方薬の素材として重宝され、近年ではアンチエイジングの効果にも注目が集まっています。

オウゴンエキスは育毛効果

オウゴンエキスには、育毛効果があることでも知られています。薄毛の一番の原因となるのは、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストテロンです。ジヒドロテストテロンには毛母細胞の分裂を妨害し、発毛を阻害するという働きがあり、ジヒドロテストテロンの分泌量が多いと髪の毛が正常に生えてこなくなってしまいます。男性ホルモンの一種であるテストテロンが5αリダクターゼという還元酵素と結びついてジヒドロテストテロンは作り出されますが、オウゴンエキスには5αリダクターゼの働きを抑える効果があり、ジヒドロテストテロンの過剰分泌を抑制することが可能です。これにより、頭皮環境の正常化に繋がります。

なお、ジヒドロテストテロンは男性ホルモンの一種ですが、女性の薄毛の原因になることも少なくありません。そのため、オウゴンエキスは女性の薄毛にも高い効果を発揮します。

煙草の煙や車の排気などに含まれる化学物質による環境ストレスも、薄毛の原因の一つです。環境ストレスを受けると皮膚の線維芽細胞内のAhR(芳香族炭化水素受容体)が活性化し、異物代謝酵素であるCYP1B1の発現が誘導されます。この一連の流れは『AhR-CYPシグナル』と呼ばれており、この際、コラーゲン分解酵素であるMMP-1やエラスチン分解酵素が生成されることになります。皮膚から潤いが失われて乾燥してしまうため、肌のツヤがなくなったり、髪の毛が弱くなったりしてしまうのです。オウゴンエキスにはAhR-CYPシグナルにともなう活性化異常を防ぐ働きがあるため、環境ストレスによる薄毛にも効果的です。

オウゴンエキスの副作用

オウゴンエキスは植物由来の天然成分であり、副作用の心配はほとんどありません。ただし、男性ホルモンの分泌を抑制させて発毛を促すという関係上、場合によっては生殖機能の減退が引き起こされる場合があります。確率は低いですが、オウゴンエキスを配合した育毛剤の使用後に性機能障害などが現れた場合は、使用を中断した方がいいでしょう。

育毛剤おすすめランキング