976347d078882e074d36255188f0431b_s

【2018年版】男性用育毛剤おすすめランキング

カプサイシンとは

カプサイシンとは、唐辛子に含まれる辛味成分の1つです。唐辛子を食べた時に感じるピリッとした味わいは、主にカプサイシンによって引き起こされています。また、カプサイシンは催涙スプレーにも利用されており、涙や咳を止まらなくさせるといった効果もあります。

カプサイシンには、神経伝達物質であるアドレナリンの分泌を促進させる働きがあります。また、血行促進作用、発汗作用、脂肪分解効果があり、ダイエットを目的としてカプサイシンを摂取しているという人も多いです。なお、よく誤解されていますが、カプサイシンには脂肪の分解を促す効果はありますが、脂肪を燃焼を起こす効果はありません。カプサイシンを摂って脂肪が分解されても、しばらくするとまた元の状態に戻ってしまうため、カプサイシンによるダイエットは運動を組み合わせる必要があります。

カプサイシンの辛味は、高血圧の予防にも用いられています。辛味と塩気というものはしっかりと区別するのが難しいため、カプサイシンの辛味を料理に取り入れることで塩の量を減らすことが可能です。また、カプサイシンの持つ血行促進作用によって心臓が活発になるため、これも高血圧の予防と改善に効果を発揮します。

その他、カプサイシンには抗菌作用、殺菌作用、免疫力向上効果、癌の抑制効果があり、カプサイシンを日常的に摂っている胃潰瘍をはじめとしてさまざまな病気にかかりにくくなるとされています。

カプサイシンの育毛効果

健康効果の高いカプサイシンですが、カプサイシンに育毛効果があることはあまり知られていません。カプサイシンには血行促進作用の他、毛母細胞に発毛を働きかけるという働きを持っており、カプサイシンを配合している育毛剤も数多く販売されています。

カプサイシンを摂取すると神経が刺激され、脳はその刺激を頭皮に伝えます。これにより、頭皮細胞から毛乳頭からIGF-1(インスリン様成長因子)という物質を生成し始め、毛母細胞に髪の毛の成長を促すように働きかけます。これにより、髪の毛を成長を促すことができるのです。なお、カプサイシンはイソフラボンとセットで摂取することで相乗効果が期待できます。

カプサイシンの副作用

カプサイシンには健康効果が高いものの、催涙スプレーにも使用されている刺激物なので摂り過ぎには注意が必要です。上述した脳や神経への刺激も度が過ぎると扁桃体や海馬の損傷を招き、パニック障害、うつ病、睡眠障害などの精神疾患を引き起こす可能性があります。

育毛剤おすすめランキング