0a3cdd6180dc95e2b4a9c280320e8254_s

【2018年版】男性用育毛剤おすすめランキング

キダチアロエとは

キダチアロエは、アロエ科アロエ属の植物です。一般的に、日本で観賞用として栽培されているアロエのほとんどはキダチアロエのことを指します。キダチアロエの『キダチ』は『木立ち』を意味する言葉であり、その名の通り成長すると茎が真っ直ぐに伸びて木が生えているような状態になります。

食べても塗っても健康効果があるキダチアロエは古くから民間療法で使われており、キダチアロエさえあれば医者は必要ないとも言われています。ちょっとした擦り傷や切り傷であれば、傷口をアルコールなどで消毒・洗浄し、キダチアロエのゼリーの部分を塗るだけですぐに治ります。また、傷が酷い場合や出血が多い場合、ゼリーの部分を直接傷口に貼り、ガーゼを当てて包帯を巻くのが効果的です。

キダチアロエは緩下剤とも呼ばれており、便秘解消にも効果を発揮します。キダチアロエの葉にはアロインという成分が含まれており、このアロインが緩下作用をもたらします。長期間に渡って続いている頑固な便秘に悩まされている人でも、キダチアロエを使えばすぐに便通がくるとされています。キダチアロエの摂り方にはカットした葉を食べたり、粉末にして飲んだりする方法があります。

キダチアロエの育毛効果

キダチアロエは育毛剤として使用されることもあります。キダチアロエに豊富に含まれるタンニン酸には細胞の活性化や再生を促す効果があり、また臨床実験によって育毛にも効果を発揮することが分かっています。タンニン酸が入ったエキスを毎晩頭皮につけて過ごしたところ、ほとんどの人は一ヶ月ほどで抜け毛が減少し、半年後には96パーセントの人に育毛促進効果が見られたという研究結果があります。また、被験者の頭皮を拡大して調べたところ、実験後は1本しか髪の毛が生えていなかった毛穴から3本から4本もの髪の毛が生えてきていたとのことです。

キダチアロエの担任さんは男女を問わず育毛効果が得られ、髪の毛が増えるだけでなく、白髪が黒くなることもあるようです。育毛剤や育毛シャンプーも市販されていますが、手造りも可能なので興味がある人は作り方を調べてみるといいでしょう。

キダチアロエの副作用

キダチアロエは食用としても用いられる植物であり、副作用の心配はほとんどありません。しかし、キダチアロエには緩下作用があり、あまり大量に摂り過ぎるとお腹が緩くなる可能性があります。胃腸が弱い人は特に注意が必要です。

育毛剤おすすめランキング