f6495c2e0fbf1d2ad12b58c5fc57a885_s

【2018年版】男性用育毛剤おすすめランキング

キャピキシルとは

キャピキシルとは、カナダの化粧品会社である『LUCAS MEYER COSMETICS』によって開発された発毛成分です。アカツメクサ花エキス、アセチルテトラペプチド3という2つの成分が組み合わされたものがキャピキシルと定義されています。

アカツメクサ花はマメ科の多年草植物であり、レッドクローバーとも呼ばれています。アカツメクサ花エキスは古くから薬用ハーブとして活用されてきた植物です。アカツメクサ花エキスのエキスに含まれるビオカニンAには、脱毛男性ホルモンであるジヒドロテストテロンを生成する5αリダクターゼ還元酵素の働きを阻害する効果があります。これにより、抜け毛を抑えることが可能です。

アセチルテラペプチド3は4つのアミノ酸で構成された物質です。この4つのアミノ酸は非常に強い細胞修復効果を持っており、医学分野の最前線でも活用されています。損傷した皮膚や切断された四肢などにアセチルテラペプチド3を用いることで細胞修復効果がもたらされ、完全に元通りになることもあるというほどです。この細胞修復効果は加齢やストレスなどによって衰えてしまった毛母細胞に対しても有効であり、毛根から髪の毛の再生を促します。

アカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド3が組み合わされることで、極めて高い育毛効果を持つキャピキシルとなります。なお、キャピキシルの認定には厳格な基準が設けられており、キャピキシル成分が3%以上含有されている育毛剤に限って認証エンブレムが与えられる決まりとなっています。

キャピキシルの安全性

キャピキシルは育毛分野において近年注目を集めている成分です。AGA治療にはミノキシジルが非常に効果的とされていますが、キャピキシルはミノキシジルの約3倍の発毛効果を持つとされています。

また、キャピキシルが高い評価を得ているのはその安全性の高さも関係しています。キャピキシルは医薬品のように人為的に構成されたものではなく、天然素材をベースとしたものです。天然素材がベースだからといって副作用が発生する可能性がないというわけではありませんが、比較的安全に使用することができます。

キャピキシルを配合した育毛剤

キャピキシルを配合した育毛剤は『Deeper3D』、『THE SCALP 5.0C』などが人気です。日本はバイオテクノロジーの分野を得意としており、『BOSTONスカルプエッセンス』などの新製品も次々と登場しています。

育毛剤おすすめランキング