4f8bd02fa51f3fd8478e1d5c8c680acf_s

【2018年版】男性用育毛剤おすすめランキング

ジフェンヒドラミンとは

ジフェンヒドラミンとは、抗炎症作用や鎮静作用を持つ医薬品です。主に、風邪薬、鼻炎薬、抗ヒスタミン薬として処方され、アレルギーの治療、風邪の症状の緩和、軽度のパーキンソン病の治療、乗り物酔いの予防と治療、睡眠の誘導などに用いられます。また、ジフェンヒドラミンは虫刺されや日焼けなどによる痒みの軽減にも効果を発揮します。

ジフェンヒドラミンの育毛効果

ジフェンヒドラミンは育毛剤に含まれることもあります。ジフェンヒドラミンには抗炎症作用と鎮静作用があるので、頭皮の痛みや痒みを抑えて頭皮環境を正常化し、髪の成長を促すサポートをしてくれます。

薄毛に悩んでいる人は薄毛の対策のため、シャンプーの際に頭を強く洗い過ぎてしまい、頭皮が傷ついているという人も少なくありません。ジフェンヒドラミンを配合した育毛剤を使用することにより、傷ついた頭皮に余計な刺激を与えることなく髪を綺麗にすることが可能です。

また、体質的に皮脂の分泌量が多い、または皮脂の分泌量が少ないという場合、それらが原因で頭皮が炎症を起こし、薄毛になってしまうということもあります。ジフェンヒドラミン皮脂による炎症と乾燥による炎症のどちらにも効果を発揮し、頭皮がこれ以上傷つかないように手助けしてくれます。

薄毛に加え、頭皮の痛みや痒みに悩まされているという人にはジフェンヒドラミンを配合した育毛剤がおすすめです。

ジフェンヒドラミンの副作用

ジフェンヒドラミンは、薬として服用した場合などに眠気などの副作用が起きることがあるとされています。

その他、ジフェンヒドラミンの副作用には口の渇き、心拍数の増加、幻覚、幻聴などが報告されています。眩暈、嘔吐、体温上昇、運動失調、集中困難、視覚障害、呼吸不正、勃起障害、短期的な記憶喪失などが引き起こされることもあるようです。また、ジフェンヒドラミンの毒性が急激に現れた場合は心血管虚脱になって死亡するケースもあり、特に高齢者への処方は推奨されていません。

しかし、これらはあくまで薬として服用した場合に生じる副作用です。育毛剤で頭皮に塗付する場合、問題視されるような副作用は報告されていません。含有している成分そのものが同じであっても、服用した場合と塗付した場合では効果の出方が異なるものも多いです。厚生労働省もジフェンヒドラミンの育毛効果と安全性を認可しており、安心して使用することができます。

育毛剤おすすめランキング