4519da6c2062431475cac14ef67c9ed2_s

【2018年版】男性用育毛剤おすすめランキング

ピディオキシジルとは

ピディオキシジルは、発毛剤に配合されている成分の一つです。ピディオキシジルはミノキシジルと似た名前を持っており、成分も似ているのが特徴です。そのため、ピディオキシジルはミノキシジル誘導体という呼び名もあります。韓国で先駆けて髪の育毛や睫毛の美容液として使用され、その後、日本でもピディオキシジルを認証するためにPPTE配合というものが開発されました。

PPTE配合とは、ピディオキシジルにツバメの巣の主成分のシアル酸やEGFなどの成長因子を加えることです。これにより、ピディオキシジルはよりミノキシジルに近い発毛効果が得られるようになりました。臨床結果でも、ピディオキシジルを単体で使うよりも、PPTE配合を行ってから使った方が育毛効果が高くなることが実証されています。

ピディオキシジルがミノキシジルよりも優れているポイント

ミノキシジルは育毛剤に使用されるメジャーな成分であり、日本でも厚生労働省による医薬品の認可が出ています。しかし、ミノキシジルには頭皮の痛みや痒みなどを引き起こす副作用の問題があります。ミノキシジルは体内に浸透すると心臓や血管にも悪影響を及ぼし、場合によっては命に関わる重大な病気になることもあるのです。体質に合わず、ミノキシジルを配合した育毛剤を中断するしかなかったという人も少なくありません。

ピディオキシジルは育毛効果そのものはミノキシジルとほとんど同じですが、副作用の発生率が非常に低いという違いがあります。こうした背景を受けて、ピディオキシジルは安全かつ効果的な育毛成分として注目されています。

ピディオキシジルの日本での取り扱いについて

日本でピディオキシジルをいち早く取り入れた商品は育毛剤ではなく、2013年に発売されたまつげ美容液の「スカルプD・ボーテ・ピュアフリーアイラッシュ」です。他のまつげ美容液とは異なり、このまつげ美容液を塗るとまつげが生えてくるという意見が多数寄せられました。

まつげ美容液は目の上に塗るものであり、育毛剤よりも更に高い安全性が求められます。まつげ美容液の口コミ評価がピディオキシジルの有効性と安全性を裏付けし、ピディオキシジルの育毛剤への転用の気運が高まっていくことになります。

現在、ピディオキシジルはフィンジアやボストンスカルプエッセンスなどの育毛剤に配合されています。これからも、ピディオキシジルを配合した育毛剤は増えていくと予想されます。

育毛剤おすすめランキング