a5b0dbeb232c8e10a68fe4dd2300442f_s

【2018年版】男性用育毛剤おすすめランキング

薬局の育毛剤は抜け毛予防のためのもの

薬局の育毛剤コーナーに立ち寄ると、テレビや雑誌でお馴染みの育毛剤が数多く並べられているのを目にします。有名なところだけでも、リアップ、カロヤン、サクセス、モウガ、イノベートなど数え上げればきりがありません。ここまで多くのラインナップだと、どれを選ぶべきか迷ってしまうという方も多いことでしょう。それぞれ「髪にハリが出る」「抜け毛が減った」などとキャッチコピーが付けられていますが、本当はどれが一番薄毛に効くのかということはわかりにくいです。

ただ、はっきり言ってしまえば、薬局で売られている育毛剤に劇的に発毛を促進させるようなものはありません。市販の育毛剤は、誰もが手軽に手に取ることができるため、副作用が伴うほどの劇薬は店頭に並べられないのです。

つまり、薬局で売られている育毛剤に関しては、劇的な増毛効果が期待できる薬というよりも、抜け毛が気になり始めた薄毛の初期症状の人のための予防策という認識で捉えた方がよいでしょう。

薬局で購入できるもっとも効果が期待できる育毛剤

ただ、そんな薬局のラインナップのなかにも、ミノキシジルやカルプロニウム塩化物といった、発毛効果が期待できる成分が含まれている育毛剤もあります。リアップシリーズなどがそうですが、これらは副作用の恐れがあるので医薬品として分類されており、薬剤師のみが販売することのできる育毛剤です。薬局の育毛剤に発毛効果を期待するなら、このような医薬品育毛剤を選びましょう。

育毛剤の陳列の仕方に違いがある理由

薬局によく行かれる方なら気付いたことがあるかもしれませんが、リアップのような医薬品育毛剤は、商品棚に陳列されておらず、カウンターの奥やガラスケースなどにしまわれています。誰でも手軽に手に取れるように商品棚に陳列されている育毛剤と何が違うのかというと、医薬品としての分類が異なるのです。

リアップシリーズなどの第一類医薬品は、薬剤師でなければ販売してはいけないことになっています。効果が高い反面、副作用の危険性もあるため、販売の際には薬剤師が注意事項などを説明することが義務付けられています。

医薬品にはこのほかに、第二類医薬品、指定第二類医薬品、第三類医薬品と分類されますが、これらには情報提供の義務がないので、誰もが手に取れる商品棚に並べられているのです。つまり、薬局の育毛剤でもっとも効果が期待できるのは、薬剤師の説明を受けて購入する第一類医薬品ということになります。

育毛剤おすすめランキング