b961efe67d8936cc25ec17a3becaa11d_s

【2018年版】男性用育毛剤おすすめランキング

血行促進型育毛剤

頭皮を柔軟にし、血行を促進することで、発毛に働きかける種類の育毛剤です。市販されている育毛剤のほぼすべてに、多少なりとも見られる作用です。毛細血管を拡張させることで、毛乳頭にまで十分な酸素と養分を送り込むことが可能になります。毛母細胞も活性化されるので、新しい毛髪の生成が促進されます。

血行促進型の育毛剤に含有される代表的な成分として、ミノキシジルが挙げられます。ミノキシジルといえばリアップシリーズが有名ですが、冷え性や肩こりのひどい方に効果的な育毛剤です。血行不全は、慢性的な低血圧の方やストレス過多の方などに見られますが、自分の頭皮の血行状態がよくわからないという方は、皮膚科で血流の状態をチェックしてもらうとよいでしょう。

毛母細胞活性型育毛剤

育毛剤としては新しい部類に入ります。従来の育毛剤は、血行促進や頭皮や毛穴の汚れを除去するタイプが圧倒的多数を占めていましたが、毛母細胞活性型の育毛剤は、栄養を直接頭皮に届けることで、毛母細胞の分裂を促し発毛を図ります。

毛母細胞の活動を活性化するには、亜鉛、ビタミン、システインなどの栄養分が必要となりますが、これらが主成分になっています。育毛剤だけでなく、シャンプーやサプリメントもあるので、これから育毛を始めようという方でも、手軽に生活に採り入れやすいタイプです。

栄養補給という面が強いので、食生活が乱れている方に特におすすめできます。効果も実証されており、育毛剤において今後の主流となっていくでしょう。

男性ホルモン抑制型育毛剤

男性の薄毛は、ほとんどすべてが男性ホルモンに影響されて発症します。男性型脱毛症(AGA)とは、男性ホルモンの一種、テストステロンが、5αリダクターゼという酵素と結合して、悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンという物質に変容します。この物質が発毛を抑制することで、薄毛が進行するのです。

男性ホルモン抑制型の育毛剤は、このジヒドロテストステロンの生成を抑えるために、5αリダクターゼを攻撃する働きを持ちます。この種類の育毛剤に含まれる成分として代表的なのがフィナステリドであり、フィナステリドを含む育毛剤として有名なのが、AGAに非常に効果的だというプロペシアです。

プロペシアは飲むタイプの育毛剤で、臨床実験によると、70%の被験者が3カ月以内に効果を実感したといいます。男性特有の薄毛のタイプであるM字・O字ハゲの方に特におすすめです。

育毛剤おすすめランキング