a9107bbd3425131e5a177bd2da5f4d12_s

【2018年版】男性用育毛剤おすすめランキング

若くして薄毛や抜け毛に悩む人が増えている

最近では十代の若者でも薄毛に悩む人が増えています。育毛剤の使用を検討している若い方もいらっしゃることでしょう。ただ、その場合、育毛剤は何歳から使用してよいのかということが気になります。

薄毛や抜け毛はホルモンの働きと関係しており、男女ともに第二次性徴を迎えると毛髪や体毛に悩みを持つ人も多くなります。基本的に育毛剤に年齢制限はないので、若いうちから抜け毛予防のために毛髪を太くする働きのあるものを使用するのもよいでしょう。

ただし、育毛剤のなかには、一部のホルモンを活性化させたり抑制したりといった、ホルモンの働きに影響を与える成分が多く含まれているものもあり、成長期の未成年が使用するのに適していないものもあるので注意が必要です。

また、刺激を抑えた未成年の使用を想定した育毛剤であっても、デリケートな思春期の肌では思わぬトラブルを引き起こすこともあります。育毛剤を使いたい場合、なるべく刺激の少ない天然成分由来の製品を選ぶようにしましょう。

未成年者は医薬品に分類される育毛剤の使用は避ける

育毛剤のなかには、薬剤師の説明を受けてからでないと購入できない医薬品に分類されるものがあります。副作用の危険があるために、こうした説明義務が伴うのですが、医薬品の育毛剤でよく使われているフィナステリドといった成分には、低血圧やうつなどを引き起こす作用があります。また、使用を中止したとたんに、以前より抜け毛が増える場合もあります。したがって、こうした医薬品は未成年者の使用は避けた方がよいでしょう。

上にも記した、刺激の少ない天然成分由来の育毛剤は医薬部外品であるため、未成年者の使用でも重篤な副作用の心配はほとんどありません。

育毛剤以前に生活リズムの改善を

十代や二十代前半のように若くして薄毛に悩んでいる方は、育毛剤の使用もかまいませんが、まずはご自分の健康チェックを重点的に行いましょう。睡眠や食事など生活リズムの乱れが、抜け毛を引き起こしている可能性もあります。

不摂生な生活が続くと、肌や毛髪に十分な栄養が行き届かなくなって、髪の毛の生えるサイクルが乱れてしまいます。そうなると、抜け毛が増え薄毛が進んでしまうので、心当たりのある方は気を付けましょう。育毛剤が十分な効果を発揮するのも、そうした生活における頭皮トラブルの原因が取り除かれてからです。まずは健康的な生活を心がけるようにしましょう。

育毛剤おすすめランキング