14a0598027d77edb786b91d4f05fcffa_s

【2018年版】男性用育毛剤おすすめランキング

市販の医薬部外品育毛剤にはさまざまな制約がある

生活様式や食生活の変化に伴って、薄毛や抜け毛で悩む男性は従来より確実に増えています。そのために各育毛剤メーカーはさまざまな製品を開発・販売しており、ドラッグストアなどで実にさまざまな種類の育毛剤が陳列されているのを目にすることができます。ただし、その効き目について、はっきりと明言できるものは少ないのが現状です。

まず、薄毛の原因は人によりさまざまで、育毛剤のコンセプトも製品によって異なるので、自分に合った製品を見つけるのが難しいという問題があります。また、メーカーは膨大な時間と開発費をかけて開発しているわけですから、まったく効き目がないわけではありませんが、市販の許可を得るためにはさまざまな制約をクリアする必要があり、有効成分を十分な濃度で配合して販売できないという事情もあります。

特に医薬部外品に分類される育毛剤は、副作用の危険性を排除しなければならないので、育毛に効果があってもその効き目は緩やかになっています。

高い効果が期待できる医薬品の育毛剤

一方、医師や薬剤師の処方なしには販売できない、医薬品に分類される育毛剤については、その効き目が早い段階で表れるものが多いです。医薬品として認可されるためには、しっかりとした効果と安全性が確立されている必要がありますから、ドラッグストアで誰もが気軽に買うことのできる、なかば化粧品といってもよい医薬部外品の育毛剤より確実に効き目はあります。

医薬品の育毛剤では、フィナステリドを配合したプロペシアやミノキシジルを配合したロゲインなどが有名ですが、これらは臨床実験によって改善率も公表されているので安心感も高いです。ただし、効果が高い反面、副作用の危険性もあり、そういう理由で医師の処方が必要になっています。

医薬部外品育毛剤の方が向いている人もいる

医薬部外品の育毛剤の効き目は、プロペシアのようなAGAの治療薬に比べると確かに劣る面はありますが、国に認可されている医薬部外品である以上、一定の有効性は認められています。体質やそれに伴う副作用の危険で医薬品が使用できないという人には、使用する価値は十分にあると言えるでしょう。

それに、市販の育毛剤は、AGA治療薬として処方される育毛剤よりはるかに安価です。医師の治療が必要とまではいかないが、今のうちに育毛に力を入れておきたいというような人であれば、手軽に抜け毛予防ができるという意味で十分な存在意義があると言えるでしょう。

育毛剤おすすめランキング