c088daba3f402fef2779c653474ca525_s

【2018年版】男性用育毛剤おすすめランキング

アロエを使った育毛剤の作り方

保湿効果があると言われるアロエは、乾燥した頭皮に潤いをもたらし、発毛のための環境を整える効果が期待できます。また、アロエには、アロインという抜け毛をもたらす5α-還元酵素を阻害する働きのある成分を含みます。アロエを使った育毛剤は、ご家庭で簡単に作れるので試してみる価値はあるでしょう。

作り方ですが、まず、皮の付いたままのアロエを5mm間隔で刻みます。それらを密閉容器に移し、ホワイトリカーを中に注ぎます。あとは、その容器をしっかり密閉して冷暗所で保管するだけです。約1カ月で育毛剤として使用できます。

また、別の方法として、アロエの生のしぼり汁を濾して水で薄めるだけでも、頭皮にそのまま塗布できる育毛剤となります。ただし、この場合、保存が利かないので、1回で使い切れる量を作るようにしてください。

みかんの皮を使った育毛剤

みかんの皮には、育毛を促進し抜け毛を予防するリモネンという成分が含まれています。爽やかな柑橘系の香りも心地よいので、みかんの皮を使った育毛剤もおすすめです。

作り方も簡単で、よく洗い薄切りにして乾燥させたみかんの皮を、ホワイトリカーに漬け込むだけです。密閉容器に入れて1週間ほど冷暗所に保管したら完成です。比率としては、みかんの皮:ホワイトリカー=1:3ぐらいが適度です。

自家製育毛剤の使用上の注意

上記のような自家製の育毛剤は、安く作れるうえ作り方も簡単ですが、市販されている育毛剤と違って、保存料や防腐剤を使用していません。雑菌が繁殖しやすいので、なるべく短期間で使い切れる量を作るようにしましょう。

また、雑菌の繁殖を抑えるためには、材料となるアロエやみかんの皮は、最初によく水洗いした後、しっかり水気を切っておきます。保管する密閉容器も煮沸消毒して衛生的な状態にしておくとよいでしょう。

使用についてですが、いくら天然素材を使用しているといっても、皮膚トラブルやアレルギーの心配がまったくないわけではありません。最初は一部にだけ付けてみて様子を見てから、使用するようにしましょう。

あと、アルコールを直接塗布するのは、頭皮に悪いのではないかとご心配の方もいらっしゃるかもしれません。しかし、市販の育毛剤はほとんどがエタノールを成分に含んでいます。それに、円形脱毛症など、アルコールの刺激が毛根に良いとされる場合もあるので、それほど心配はいりません。ただし、体質的にアルコールを受け付けないという人もいますので、心配な場合は二の腕などでパッチテストを行って、異常がないか確かめてから使うようにしてください。

育毛剤おすすめランキング