e340b546bf3797e74a1b2c2db38aead5_s

【2018年版】男性用育毛剤おすすめランキング

つむじ部分の薄毛の原因

つむじは頭頂部にあるため、自分ではなかなか気づきにくいところですが、他人からはよく見える場所です。薄毛を指摘してくるような人はなかなかいませんから、自分で気づいた時にはかなり薄毛が進行している状態ということも珍しくありません。

つむじは男性型脱毛症が発症する典型的な部位で、おでこの剃り込み部分が薄くなるM字ハゲと並んで、つむじから薄毛が進行する状態はO字ハゲとも呼ばれています。つむじが薄くなるのは、M字ハゲのように男性ホルモンの影響というよりも、生活習慣の乱れが一番の原因です。睡眠や食事など毎日の生活サイクルが乱れてくると、疲労やストレスが蓄積し、血行が悪くなってしまいます。

つむじの周りは頭皮が薄く、ただでさえ毛細血管が少ない場所なので、発毛を司る毛母細胞まで栄養素が行き渡りにくいという面があります。それが血行不良によってますます悪化し、いくら育毛剤を使っても成分が奥まで浸透しなくなってしまうのです。

生活習慣の見直しで薄毛改善

つむじが薄くなってきたと感じたら、いきなり育毛剤に手を伸ばすよりも、まずは生活習慣の見直しをしてください。生活のリズムが整えば、血行が改善され、それだけで薄毛の進行がストップすることもあります。

まずは、血行に悪影響となる要素を排除することから始めます。タバコは血流に大きな悪影響を与えるので、薄毛改善のためには止めるべきでしょう。あとは、運動不足にならないように毎日適度に体を動かす習慣をつけ、野菜中心のバランスの取れた食事を心がけます。

疲労やストレスも薄毛の原因になるので、十分に睡眠を取って心身をリラックスさせましょう。

育毛剤の前にシャンプーで汚れを落とす

それでも薄毛が改善しない場合は、育毛剤の力を借りましょう。実は、おでこの部分と違って、つむじは育毛効果が表れやすい場所なので、育毛剤を正しく使えば案外早く改善する可能性は高いです。

育毛剤を塗布する前に、シャンプーで頭を洗って頭皮を清潔な状態にしておくことは不可欠ですが、その際、育毛効果の期待できる薬用シャンプーで、頭皮をマッサージしながら毛穴の汚れを丁寧に落としていくと、その後の育毛剤の効果が発揮されやすくなります。

ただし、汗をかきやすいからと1日に何度もシャンプーすることはおすすめできません。洗いすぎると必要な油分まで落ちてしまい、皮脂の分泌がかえって活発になってしまいます。1日1回、できれば夜、入浴後に育毛剤を塗布して、すぐに就寝するのがベストです。

育毛剤おすすめランキング