ed4a9f4399923f033e66c23bd14ed8b7_s

【2018年版】男性用育毛剤おすすめランキング

自分の薄毛要因を突き止めることの重要性

個人個人、体質や頭皮の状態が異なる以上、万人に対して絶対に髪の毛が生えると言えるような育毛剤はありません。しかし、薄毛・抜け毛の原因に対して的確なアプローチができる成分を含んでいるものなら、その進行をかなりの程度まで抑えることは可能です。

ただし、薄毛・抜け毛はさまざまな要因が組み合わさって発症します。育毛剤によって、ある要因に対しては有効であるが、それ以外の要因に対する有効成分は含まれていないという場合もあります。

自分の薄毛のタイプと合致していない育毛剤を使い続けても、効果を感じることは難しいので、まず自分がどんな要因によって薄毛になっているのかを突き止めることが大切です。そのためには、皮膚科で診断してもらうなど専門家のアドバイスを受けるのがおすすめです。それに従って、自分の薄毛要因に有効な育毛剤のタイプを選ぶのが、賢い育毛方法です。

含有成分によって目的の異なる育毛剤

含まれる成分によって、育毛剤の目的は異なります。薄毛の要因はさまざまですが、そのどれか一つに対して有効な成分を含んでいる育毛剤もあれば、いくつもの成分を配合して複数の要因に向けた育毛剤もあります。

たとえば、男性型脱毛症の大きな原因である、ジヒドロテストステロンという悪玉男性ホルモンを抑制するための育毛剤があります。プロペシアやミノキシジルが有名ですが、これらは男性ホルモンを抑制することを主目的に作られた育毛剤です。

一方、皮脂などの汚れによって毛穴が詰まったために、正常な発毛が阻害されているような場合、頭皮環境を整えることに主眼を置いた育毛剤が効果的です。

他にも、毛根に発毛に必要な栄養素を届ける育毛剤や、頭皮の炎症を抑えることが目的の育毛剤などがあります。たとえば、男性ホルモンの過剰分泌が原因なのに、消炎目的の育毛剤を使い続けても効果がないように、育毛剤選びを間違うと薄毛改善は難しいです。目的に合わせてそれに向けられた有効成分を含む育毛剤を選ぶようにしましょう。

コスパや安全性も重要

含有成分が育毛剤選びの第一の基準になりますが、それ以外にも気を付けておきたいことはあります。育毛は長期に渡って取り組むべきことですから、使いやすさやコストパフォーマンスの面も見逃せません。

また、いくら含有成分の濃度が高く発毛に効果があると言われるものでも、安全性が不透明なものは避けておきたいです。副作用は場合によっては命を危険にさらすこともあります。

出所のよくわからない海外製の育毛剤を通販で購入するより、実績と信頼のある国内で認可された育毛剤を選ぶことを推奨します。

育毛剤おすすめランキング