8e42037c6be04d8429885e3e610943b0_s

【2018年版】男性用育毛剤おすすめランキング

ストレスが原因の薄毛もある

ストレスは万病のもととして知られていますが、薄毛にも深くかかわっているものです。

ストレスが薄毛を促進させるメカニズムを説明すると、自律神経が狂うことで血行が悪くなり、毛髪に栄養がいきわたらなくなることで毛髪の元気をなくしてしまいます。そのため、急激なストレスを受けた時に一時的に薄毛になることもあります。この場合はストレスさえなくなればすぐに治る類のものですが、症状が慢性化する可能性もあるので、ストレスの多い人は注意が必要です。

対処法としてはストレスを避けること、溜めこまないこと(発散すること)があげられます。もちろんライフスタイルによってはそう簡単にいかない可能性もありますが、意識しておいた方がずっと楽になるはずです。また、イライラを感じて髪の毛をいじったり抜いたり、頭をかきむしったりすることがありますが、頭皮にダメージがいくので、避けるようにしましょう。

最適な育毛剤を選ぶ

ストレスによる薄毛のメカニズムは血行不良なので、血行不良を改善する育毛剤が有効です。たとえば、血管を広げる育毛剤であれば、血液の通りを物理的によくすることができます。

また、血行不良は毛髪の栄養不足に繋がるので、頭皮に栄養を送り込むことも有効です。たとえば、ビタミンやミネラル、アミノ酸が配合されている育毛剤などが当てはまります。人それぞれ不足している栄養素が異なる場合があるので、自分が不足している栄養素が含まれるものを選ぶようにしましょう。

もちろんこれらの育毛剤と一緒に普段の運動や睡眠、食生活を整えることで、より効果は促進されます。

血行を促進する育毛剤の詳細

血行を促進する育毛剤にはたとえばミノキシジル、ビタミンE、ニコチン酸ベンジル、セファランチン等があります。ミノキシジルは特に育毛剤の業界では有名です。なんとこの成分はもともと血管拡張剤として利用されていました。そのため、血行を促進する効果を持っていることは周知の事実であり、信頼性が高いです。

日本の育毛剤に含まれているミノキシジルは1%~5%程度の成分割合です。なぜ1%~5%程度かというと、もともと血管拡張剤であるだけに成分割合が多いと効果が強すぎる可能性があるからです。ミノキシジルの成分割合が1%~5%を超えるものは海外からの輸入でのみ手に入れることができます。また、ミノキシジルが含まれた育毛剤を利用する時は副作用への注意も必要です。

育毛剤おすすめランキング