032edf97e5a69a7b09107cf4cb57df1c_s

【2018年版】男性用育毛剤おすすめランキング

育毛剤の効果が出にくいこともある

育毛の効果が出にくい場合もあるのが育毛剤のリスクの1つです。これは自分の薄毛の原因と育毛剤の成分がうまくマッチしていないことによって起こります。

なぜうまくマッチしないことがあるかというと、薄毛の原因には幅広い種類があるからです。遺伝、ストレス、生活習慣、男性ホルモンといったように、代表的な原因だけでも数多くあります。

たとえば、男性ホルモンが主な薄毛の原因だったとして、男性ホルモンと無関係な育毛剤を使っても効果が出にくいのは予想できることでしょう。この場合の対処法には自分の薄毛の原因を正確に突き止めることや効果のある育毛剤を根気よく探すことなどがあげられます。

そもそも使っている育毛剤が体質に合っていない場合もあるので、同じタイプの育毛剤だとしても複数の製品を使ってみる価値はあります。

副作用が出ることもある

育毛剤を使うと副作用が出ることもあります。これが2つ目のリスクです。どのような副作用が出るかは育毛剤に配合されている成分の種類と量で変わってきます。

特に一般的な医薬品と同様、医薬品の育毛剤は効果が強い反面、副作用も起きやすいです。しかし、医薬品に副作用があるのは当然のことなので、警戒しすぎるのもかえってよくありません。もちろん医薬品の育毛剤を利用する時は自分の判断ではなく、指定された用法、用量で使いましょう。

海外製は有効成分の量が多いので、特に副作用が出やすい特徴を持っています。日本製は海外製と比べると副作用への配慮があり、添加物も少なく、安全性が高いです。そのため、副作用のリスクを下げたければ、日本製の中で特に安全に配慮した育毛剤を探すといいでしょう。

リバウンドすることもある

リバウンドというとダイエットで痩せた人がまた急激に太ってしまう現象が代表的ですが、育毛においても同じ現象があります。ただし、育毛剤使用後に抜け毛が増え、その後健康な髪が生えてくる現象については正常なので、リバウンドと勘違いしないようにしましょう。

リバウンドは育毛剤の3つ目のリスクとなりますが、特に刺激が強く、副作用が起きやすい製品であるほど起きやすくなります。この現象のメカニズムは最初に有効成分が効いて髪が一時的に強くなるのですが、刺激と副作用で頭皮にダメージがいき、再び弱まってしまうという具合です。

刺激と副作用の少ない製品でも基準量を超えて使用すると同様の現象が起こる可能性があるので、注意してください。

育毛剤おすすめランキング