e219a7b8a6bdd3b69d7b714ee413b8fe_s

【2018年版】男性用育毛剤おすすめランキング

育毛剤の使いすぎは副作用を高める

育毛剤には副作用があります。特に医薬品の育毛剤は副作用が強いので、使いすぎには十分注意しましょう。

自分の体質に合った育毛剤を使っていたとしても、大量の成分の刺激によって頭皮に赤く炎症が起きる可能性があります。炎症が起きると痛みやかゆみが出てきますが、それで頭皮を引っ掻いた場合、余計頭皮にダメージがいってしまいます。

通常、育毛剤には適量の表示があるので、その適量を守って使用すれば使いすぎることは決してありません。そのため、そういった項目をよく確認しておくことが大切です。また、毛髪と頭皮の両方の環境を良くすることが育毛効果を生むので、毛髪か頭皮のどちらかにでもダメージがいくような育毛剤の使い方はNGとなります。

有効成分が効きすぎることによる問題

育毛剤の副作用はもちろん起きなければ起きないほどいいです。しかし、育毛剤の有効成分は効けば効くほどいいというわけではありません。もちろん育毛効果が出るのにこしたことはありませんが、有効成分が効きすぎることによる問題もあるのです。

たとえば、頭皮の皮脂を抑えるタイプの製品を過剰に使い、頭皮の皮脂が不足してしまった場合についてですが、当然頭皮の乾燥に繋がります。頭皮が乾燥するとフケやかゆみの原因になりますし、これはこれで薄毛の原因になりかねません。そのため、有効成分というのは自分の原因の程度に合った量をほどよく作用させるべきなのです。

頭皮の皮脂の分泌量がそれほど多くないにもかかわらず、皮脂抑制タイプの育毛剤を大量に使う意味はありません。また、血管拡張タイプの育毛剤もありますが、血管を際限なく拡張させてしまうことを考えれば、とても使いすぎることなどできないはずです。

単純なコストパフォーマンスの問題

育毛剤を使いすぎることによる最も単純な問題は育毛剤を短期間で使い切ってしまうことです。育毛剤は毛髪のサイクルを考えると、数ヶ月~数年の期間は使っていくべきですが、育毛剤を使いすぎていると、その間の使用本数がかなり多くなります。

使用本数が多くなれば当然費用もかさむので、コストパフォーマンスに優れません。使うだけ効果のある育毛剤ならいいですが、そのあたりが実証されている製品は少ないです。

ただし、コストパフォーマンスを意識するあまり、適量以下しか使わないのもよくありません。というのも、今度は有効成分が作用しきれず、育毛効果が半減してしまうからです。

育毛剤おすすめランキング