c17b3bd960f8b7e8629fa9612fc22ae0_s

【2018年版】男性用育毛剤おすすめランキング

自分のからだに合っていない育毛剤

育毛剤を使っても毛が生えないケースもありますが、この場合、製品がその人のからだに合っていない可能性があります。からだに合っていないというのは具体的には「薄毛の原因と合っていない場合」と「体質に合っていない場合」の2つがあげられます。

「薄毛の原因と合っていない場合」についてですが、薄毛の原因は人によって異なるので、それぞれのケースで適切な有効成分を持つ育毛剤を厳選しなければなりません。たとえば、髪や頭皮の栄養不足が原因なら髪や頭皮に栄養を送り込む育毛剤が適していますし、男性ホルモンが原因なら男性ホルモンを抑制する育毛剤が適しています。

もし髪や頭皮の栄養不足が原因であるにもかかわらず、男性ホルモンを抑制する育毛剤を使ったとしても合理的とは言えませんし、毛が生えないのもふしぎではないのです。

「体質に合っていない場合」については使用量を減らすか、製品を変えるかで対処します。というのも、薄毛の原因に合った育毛剤だとしても、運悪く体質に合わないことはあるからです。

毛が生えるのに時間がかかる

育毛剤には即効性はありませんし、毛が生えるメカニズムを考えると、短期間で毛が生えてきたとすれば、それはそれで不自然です。生えてきたとしても髪の毛は成長に2、3年かかるので、しばらく様子を見ておかなければ、育毛剤が効いているのかどうか確かめることはできません。そのため、育毛剤を使い始めてからまだ間もない時に「この育毛剤は効かない!」と早とちりすることがあるのです。

しかし、ここで使用をやめてしまうと、今までの下準備が水の泡になるので、ある程度の期間(数ヶ月~数年)までは使い続けるようにしてください。もしすぐに効果を確認したければ頭皮を観察してみましょう。髪の毛の状態はすぐに変わることはありませんが、頭皮の状態なら変化がわかりやすいです。

育毛剤以外の育毛習慣がない

日常生活で髪の毛や頭皮にダメージがいっている場合、そのダメージを食い止めなければ、育毛剤を使ったとしても育毛作用とダメージが相殺してしまい、毛が生えないケースがあります。そのため、育毛剤だけでなく、日常生活で育毛習慣を意識することも重要です。

育毛習慣にはたとえば正しい頭の洗い方を実践することがあげられます。頭皮を指の腹でマッサージするように洗うのが正解で、爪を立てたり、すすぎを怠ったり、拭く時にタオルで強くこするのはNGです。

育毛剤おすすめランキング