204bdfe11381815405dfbe2955ef14c0_s

【2018年版】男性用育毛剤おすすめランキング

肌が弱いと刺激を受けやすくなる

肌が弱い人、たとえばアトピー性皮膚炎や乾燥肌、敏感肌といった人は普通の人よりも育毛剤の選び方を慎重なものにするべきです。

というのも、頭皮も皮膚には変わりなく、それだけ刺激を受けやすいはずだからです。もしそれで強い刺激のある育毛剤を使ったとすれば、頭皮にダメージがいき、育毛効果が十分に得られない可能性があります。また、そもそもかゆくなったり、かぶれたりと、症状がひどいと育毛剤の使用どころではなくなってしまうので、低刺激タイプの育毛剤を参考にするといいでしょう。

それから肌が弱い人の場合、頭皮の血行を促進するタイプの育毛剤を選ぶ時は頭皮がかゆくなりやすいので、使用に注意してください。これは育毛剤だけでなく、運動、入浴、飲酒等を行い、頭皮の血行が良くなった時にも同様に注意を払う必要があります。

低刺激タイプの育毛剤とは

育毛剤の製品で「低刺激タイプ」というと添加剤が少ない(もしくはない)ものを指します。有効成分自体も量が多いと刺激にはなるのですが、これを減らしてしまうと育毛効果自体が薄まってしまうので、減らすとすればまずは添加剤になるわけです。

添加剤にはたとえばアルコール、香料、着色料、界面活性剤、シリコンといったものがあげられます。アルコール成分はエタノール、イソステアリルアルコールといった表記で記載されていますが、かなりの量が育毛剤に入っている場合があります。というのも、アルコールが入っていることで有効成分が浸透しやすくなるからです。このように添加剤がなぜ必要なのかを把握すると育毛剤選びをより明確に行うことができます。

まずは少量で試してみる

低刺激タイプの育毛剤を買ったらまずは少量使ってみましょう。この手順を踏むことにより、本当に刺激が少ないかどうかを本格的に使用する前に確かめることができます。また、そもそも体質に合っているかどうかも確かめなければなりません。

同じ低刺激タイプでも「ある育毛剤が合うのに別の育毛剤では合わない」というケースも十分考えられます。そのため、買った低刺激タイプの育毛剤が自分の肌に合わなくてもあきらめず、自分の肌に合う製品が見つかるまで探すことが育毛を成功させる秘訣です。

最初に少量使って肌に問題がなければ、徐々に量を増やしていきましょう。製品に記載されている適量にならった方が効果が出ることは間違いないので、おそれすぎるのもよくありません。

育毛剤おすすめランキング