733023eee7ef953d3ca24e055340ebc9_s

【2018年版】男性用育毛剤おすすめランキング

男性、女性ともに妊娠近くに育毛剤を使う時は注意が必要

女性が妊娠するということはこれから赤ちゃんが生まれるということなので、非常にデリケートな時期です。そのため、妊娠前・妊娠後、出産前・出産後にはやっておいた方がいいこと、逆にやらない方がいいことが色々あります。妻だけでなく夫の方も注意することがあるのですが、たとえば、「妊娠直前に育毛剤を使用しないこと」があげられます。

なぜ妊娠直前に夫が育毛剤を使用してはならないかというと、夫の精子に育毛剤の成分が入り込む可能性があるからです。そのようなイレギュラーが精子に混ざれば、これから生まれてくる赤ちゃんにどのような影響が出てしまうかわかりません。飲むタイプではなく、塗るタイプの育毛剤であれば問題ないとする考えもありますが、頭皮からでも体内に浸透する可能性があるので、それだけで安心しない方がいいでしょう。

近年は女性向けの育毛剤も活発に登場していますが、もちろん女性が妊娠前・妊娠後に育毛剤を使うのも赤ちゃんへの影響が懸念されます。

副作用が強いものほど影響も強い

育毛剤はその種類によって副作用の強さに差があります。そして妊娠によって女性の体内、赤ちゃんの体内に育毛剤が入った場合、女性と赤ちゃんにもその副作用が起こる可能性があります。

もちろん男性だけの問題であれば効力と副作用をてんびんにかけてうまく使うことが可能ですが、妊娠する女性やこれから生まれる赤ちゃんの健康はてんびんにかけることはできないはずです。

特に男性ホルモンを抑制する育毛剤は基本的に男性専用の製品なので、女性や赤ちゃんのからだには不向きという問題があります。

妊娠近くに育毛剤を使う

薄毛に悩む男性は多いですし、育毛剤の使用をやめたくないという人は多いでしょう。特に育毛剤は一定期間使い続けなければ効果が出にくい特徴を持っているだけに、今までの苦労が無駄になる可能性もあります。かといって妊娠時期の女性や赤ちゃんに危険が及ぶのも避けたい……その場合はできるだけ刺激・副作用が少ない製品を参考にするようにしましょう。

しかし、もちろん刺激・副作用が少ないからといって何も警戒せずに使うのはよくありません。必ずメーカーに「妊娠時期に使ってもいいかどうか」を問い合わせてください。それで「OK」が出た時に使えばいいのです。また、この時期に限り、女性用育毛剤を使うのも手段の1つです。女性用育毛剤は男性用と比べて刺激・副作用が少なめになっています。

育毛剤おすすめランキング