名前 ケンシロウ
性別 女性
年齢 40代
職業 主婦

出産後2、3ヵ月後から抜け毛が増え始めて

33歳で子供を出産しましたがその時、産後の薄毛を経験しました。

私は元々、髪の毛の量が多く、また髪質は真っ黒で太い髪でした。
あんまり髪の量が多いので、いつも鬱陶しく思っていました。

しかし子供を産んで2、3ヶ月経った頃からでしょうか、抜け毛が気になるようになってきました。

最初に気がついたのは、お風呂の排水溝がやけに詰まるな、と思ったことでした。少し前に掃除したばかりなのにおかしいな、まあいいや、と暫くは何も思いませんでした。

でもあまりにも頻繁に詰まるので、詰まった髪を見てみました。良く見ると髪の長さが長く、そして長い髪は私だけでした。

まさか私の髪がこんなに抜けるなんて思ってもみませんでした。出産前はほとんど抜け毛を感じず、抜け毛なんて自分とは関係ないと思っていました。

自分の髪の毛が抜けている、それも大量に、と考えるとショックで仕方ありませんでしたが、初めての子供でしかもまだ小さいので、自分のことにかまっていらず、病院なんて考えもつきませんでした。

鏡を見ると確かに頭頂部が薄くなっていました。薄くなって、地肌が良くみえていました。

そして更にショックを受けました。

髪が抜けていると知ったときから毎日毎日気になって風呂で髪を洗うたびに何本抜けているか数えていました。一本づつかぞえてみると100本はありました。

洗髪だけで100本です。

それに加えてドライヤーで乾かすときに抜ける髪もあります。それも数えて、大体50本位、ということは洗髪から乾燥までで150本は抜けているということです。

普段の生活でも髪は抜けていきますので、1日に何本抜けているのか検討もつきませんでした。
このままだと禿げになる、この時はショックというより恐怖でした。

外出時に注意深く見てみると、世間にはやはり髪が薄い女性がたくさんいました。

頭を下げた時とかは良くわかり、「あ、あの人も髪がうすいな」と思ったのと同時に、自分も人からそう見られているんだ、と気づきました。そう思ったのがきっかけで、これは何とかしなくては!と思い対策を考えました。

あれから10年経ちますが、しばらくは良かったように思いますが、最近は加齢のせいでしょうか、また少し薄くなってきたように思います。

生活習慣の改善で薄毛を克服

私がとった対策は、洗髪の際のマッサージと食事等生活習慣の改善です。やはり血行を良くしないといけないと髪にも栄養が行きませんので、これが一番大事かと思い実行していました。

マッサージにはマッサージブラシを買って頭頂部を中心に5分くらい行い、マッサージ後はしっかり洗い流します。

風呂から上がったらしっかり髪を乾かすことも大事だと知ったので、半乾きではなくしっかり乾かします。そういえば抜け毛が気になる前は、半乾きどころかタオルドライで終わる、ということも珍しくありませんでした。

食事は出来るだけたんぱく質を摂るようにしました。乳製品、卵、肉、魚、野菜等はバランスよく摂りいれるようにこころがけました。

食事、生活習慣に気をつけていても毎日の排水溝チェックは欠かしませんでした。半年くらいたってやっと排水溝の髪が少なくなってきたように思い、鏡を見ても地肌が少し髪で隠れてきたように思い始めました。あと、リビングに落ちている髪の量も減ったように思いました。

出産前と全く同じ位までとまではいいませが、自分が納得できる髪の量に戻ったと思った時には、対策をとってから2年くらいたっていました。子供の七五三で髪をセットしてもらう時には、気になってはいなかったと思います。

オーガニックシャンプーを使ってみたい

一時期、ノンシリコンシャンプーを使っていましたが、髪がパサついてしまい使うのをやめてしまいました。

今後使ってみたいシャンプーは、オーガニックシャンプーです。オーガニックは、化学物質等の添加物が無添加らしいので、健康な髪をもっと増やすために使ってみたいと思っています。

しかし、オーガニックシャンプーは値段が結構するみたいなので、なかなか手を出せないでいます。

そして、今後も食事、生活習慣には十分気をつけていきたいです。


管理人のコメント

女性はお子さんを出産後にホルモンバランスの乱れで抜け毛が増えるケースが多いです。生活習慣を改善しつつ、半年から1年ほど経てば自然と治る人も多いですが、中には抜け毛が全然減らず頭皮が透けて見えるくらい薄毛が進行してしまう人もいます。そのような場合は、頭皮ケアをしつつ頭皮の血流を改善することで毛髪の成長をサポートする無添加の育毛剤を使用することをおすすめします。


よく読まれている人気エントリーまとめ

口コミで人気の女性用育毛剤おすすめランキング