名前 ぞうさん
性別 男性
年齢 40代
職業 会社員

20代半ばから薄毛が進行

最初に、薄毛に気づいたのは、25歳ぐらいの時で、朝に何気なく鏡を見て髪の毛を整えていたら何故か、髪の毛が、昔に比べて一本一本が痩せているなと思い、よく見ると、髪の毛が全体が痩せてきていて、髪の毛の根本の間から頭皮が透けて見えるのがわかりました。

それで、大きな鏡で頭頂部を見ると頭の髪の毛が薄く肌が見えかけていて大変ショックでした。それ以降、鏡を見るたびに頭頂部の薄毛と全体の髪の毛の太さを気にするようになりました。

頭の毛が薄くなったのに気づいてから、シャンプーで頭を洗ったときに昔だったらシャンプーの液が顔に流れ落ちることはなかったのが、シャンプーを頭にかけるとすぐに顔に流れ落ちるようになりました。また、夏の日は、頭皮の汗が顔に流れ落ちることが多くなりました。それから、それ以降、頭皮ケアを自分なりに毎日行ってきました。

その結果、昔に比べて、やや薄毛になりましたが、気づいたころからしたら、あまり変わっていない状況です。頭皮ケアが上手くいった結果なのかもしれません。

頭皮への負担を減らし、頭皮ケアも積極的に

薄毛対策として頭皮や毛根や髪の毛に負荷がかかるパーマーを止めてカットのみにするようにしました。

次に、シャンプーは、育毛シャンプーに替えました。シャンプーは毎日しないで間隔を空けて行い、ゴシゴシ洗いを止めて頭皮をモミ洗いするようにして抜け毛を減らしました。

それから、育毛対策は、育毛商品をドラックストアでいろいろと探して購入し頭皮ケアを始めました。それから、食事に極力わかめや海藻を取入れるように心がけました。

シャンプーを育毛用にかえてから少しボリュームが出た感じになりました。又、シャンプーの方法をかえたら抜け毛が劇的に減りました。髪の毛が増えることはありませんが、排水口の抜け毛が驚くほど昔に比べて減りました。

薄毛を受け入れる

今のところ、自分のやり方と使っている製品が自分に合っているようで、抜け毛も少なく、薄毛の進行もないので継続していきたいと思います。やはり、シャンプーでもみ洗いは効果が結構あるようで頭皮の血行が良くなるせいか抜け毛が本当に少なくなってきた感じがします。今後もシャンプーのやり方を意識していきたいと思います。

最後にもう年なので、積極的に育毛したいとは思いません。現状のケアを続けて自然に任せてハゲるならそれでもいいし、現状維持できるならなお良しと思うようにします。


管理人のコメント

薄毛の進行を止めるか、それとも諦めてハゲを受け入れるかはとても難しい問題ですね。ぞうさんさんの場合は頭皮ケアが功を奏して薄毛の進行は緩やかになっているようです。シャンプーの仕方を変えるだけでも頭皮環境が改善することもありますので試す価値はあります。

もしシャンプーの方法を見直しても薄毛の進行が止まらない場合は、男性型脱毛症の原因である5α還元酵素を抑制する成分を配合した育毛剤を使用するとよいでしょう。


よく読まれている人気エントリーまとめ

最新版!人気の男性用育毛剤おすすめランキング