名前 おこめざむらい
性別 男性
年齢 30代
職業 会社員

大学生の頃からM字が進行し始めて・・・

大学生の頃から、少しずつM字部分の薄毛が気になるようになっていました。しかし、特に対策をせず生活していました。

そして会社に就職し働き始めると、仕事のストレスからか、薄毛の進行のスピードが早くなり、28歳になるころには、頭頂部とM字部分は傍から見ても分かるほどに、薄毛が進行していました。

そのころから、シャンプーを良いものを使ってみたり、わかめを積極的に食べたり、などの対策を行いましたが、ほとんど効果は見られませんでした。そして、そのまま薄毛がどんどん進行し、さすがにこのままではマズいと思い一念発起し、よくテレビCMをしている育毛サロンへ行くことを決意しました。

育毛サロンでは、頭皮マッサージや薬液の塗布等を行ってもらい、非常に気持ちが良かったのですが、やはり費用は高額であり、負担感は大きいものでした。それでも薄毛を改善させたいという思いから、一年間通い続けました。

一年後には、確かに効果は確実にあり、頭頂部の薄毛はかなり減少し、M字部分も生え際が前進してきたことを実感することができました。

育毛サロンは費用が高くて断念・・・

育毛サロンでの育毛は、確かに効果があったのですが、費用の面から継続することは不可能でした。

そこで、色々と本で調べ、プロペシアを服用するようになりました。フィナステリドの塗布として、ポラリスNR10を使用しました。また、フィーバーフューをハーブティとして飲むようにし、黒豆をご飯と一緒に炊いて食べるようにしました。

これらを組み合わせることで、今ではもともと薄毛であったことが分からないぐらいまで改善しています。

生活習慣と食生活の改善

色々と薄毛対策を行ってきて感じるのは、やはり基本的には生活習慣の改善と食事の改善が一番の薄毛治療である、という事実です。

ですので、今後はあまり薬品などに頼るのではなく、できる限り食品添加物の少ない食事を心掛け、バランスの良い食事を自炊して食べるようにする、といったことで、薄毛対策をおこなっていきたいと考えています。

特に、黒豆を一緒に炊きこんだご飯は、非常に簡単であるにもかかわらず、育毛効果を良く実感できており、今後も続けていきたいと思っています。


管理人のコメント

育毛サロンは費用が高く、満足するまで薄毛を改善するには100万円を超えてしまいます。したがってまずは生活習慣や食生活を見直すのが先決です。生活習慣を改善しても薄毛に改善が見られない場合のみ、薄毛対策を取り入れましょう。育毛サロンはどうしても高額になってしまいますので、まずは安価に手に入れられる育毛剤を併用することをおすすめします。


よく読まれている人気エントリーまとめ

最新版!人気の男性用育毛剤おすすめランキング