名前 薄毛小太郎
性別 男性
年齢 30代
職業 会社員

高校時代から危機感はあったが・・・

私は、高校時代から前髪がなんとなく後退しているなという危機感がありました。そのため、シャンプーをするときも優しく地肌を洗うように行っていました。

しかし、お風呂に毎日入りますが、髪の毛を洗うたびに髪の毛が抜ける量も多くなりましたし、掌には常に10本以上はついているようなペースで抜けて行きました。頭のトップに関しても、徐々にボリューム感がなくなり、ペタンとした質感になりました。

現在は35歳ですが、前髪は後退し続けています。そして、てっぺんに関しては地肌が見えるほどの薄毛具合となっています。そのため、髪の毛が生えているところに関してはできるだけ伸ばして薄毛部分を覆うようにして目立たないようにしているところです。

髪の毛が新しく生え変わっているペース以上に今もなお、どんどん髪の毛が抜けているという状況をひしひしと自分でも感じています。

私は、昔からフケは人並みだったので特に薄毛になってからも変わりはありません。しかし、髪の毛が昔っから細くて短いということもは今も変わらず残っています。

薬用シャンプーを試してみたが・・・

現在は、薄毛を改善するために、育毛シャンプーを使っているいます。薬用スカルプシャンプーです。テレビでもネットでも話題だったので、とりあえず何か頭に聞くものをしたいという危機感から挑戦していみました。

特に効果があるかどうかはまだ使い続けてから2ヶ月が経ちますが実感はありません。

また、食生活も変えました。ひじきや昆布など頭皮や髪の毛に良いと言われている食品をできるだけ食べるようにしていますし、ファーストフードも行かないようになりました。

頭皮の血管がつまって十分な栄養が遅れていない可能性もあったので、食生活も変化しました。その結果はまだとくには感じられません。

薄毛を受け入れスキンヘッドに

私はもう薄毛を受け入れている段階まできています。

人より少し薄毛になるのが早かっただけと割り切り、薄毛でも不潔感がでないように細心の注意を払っています。おもいきってスキンヘッドにしています。ハゲしらかしているよりも見栄えも良いですし、夏場も涼しいです。

汗をかくととにかく薄毛の人はふにゃふにゃの髪の毛が頭皮にべったり付いてしまうので非常に自分自身でも気持ち悪く感じていましたので、スキンヘッドにしてからは自分の頭皮を受けれるようになりました。


管理人のコメント

薄毛を受け入れるか、抵抗するか。これは薄毛の人にとって人生のテーマでもあります。薄毛で頭皮に張り付いている状態は、不潔感もありますので、いっそのことスキンヘッドにしてしまうというのも一つの解決手段です。

ただ仕事柄、どうしてもスキンヘッドにできないという人もいるでしょう。その場合は積極的な薄毛対策をしていく必要があります。

テレビCMも流れている薬用スカルプシャンプーですが、実は薄毛対策には効果はありません。あくまで頭皮を清潔に保つだけで、薄毛の原因となるジヒドロテストステロンを抑制するような成分は入っていません。本気で薄毛対策をするなら、育毛シャンプーではなく育毛剤を使うことをおすすめします。


よく読まれている人気エントリーまとめ

最新版!人気の男性用育毛剤おすすめランキング