a80ba4ccec481e15507b7d67397425e5_s

「40代になって以前よりも増してハゲが目だってきた。薄毛は男性ホルモンが原因だって聞いたけど、女性ホルモンを注射すればもしかして改善するってこと?」と思う男性がいるのも無理はありません。

しかし実際には薄毛を改善させるためだけに女性ホルモンを注射するのは大変危険が多いですし、もっと効果的な方法があります。

男が女性ホルモン注射すれば薄毛は治る?

男性の主に睾丸から分泌されるテストステロンという男性ホルモンは、筋肉や体毛など男性らしい体を作る役割がある、男性には欠かせないホルモンです。しかし実は男性の体には少しだけエストロゲンという女性ホルモンが分泌されており、女性の体も少しだけテストステロンが分泌されています。女性が妊娠した際に「体毛が濃くなった」と感じる人が多いのはエストロゲンの作用で、エストロゲンには毛髪を発達させる作用があるのです。

男性が病院で女性ホルモンを注射してもらえば薄毛が治るかもと思われがちですが、女性ホルモンの注射には危険性が多いのでやめた方がよいでしょう。

もし男性が女性ホルモンを注射すると、具体的には体毛が減少したり、乳房が大きくなるなど体が女性化するだけでなく、肝臓が弱くなるなどの副作用の恐れがあるのです。そしてこれ以上薄毛を進行させないためには、テストステロンの分泌をストップさせる、つまり睾丸を取ってしまうなどの処置が必要であり、それは無理な人がほとんどだと思います。

ちなみに美容外科などではアンチエイジングなどの目的でプラセンタ(胎盤)注射が行われています。これには血流促進効果や男性ホルモンが過剰に分泌されるのを抑制する効果があり、頭皮の血流が悪いことで薄毛になっている男性には症状の改善が期待できます。

さらにプエラリアというマメ科の植物から抽出した成分で作られたサプリメントが販売されており、服用することで女性ホルモンと同じような働きがあることから薄毛改善が期待できます。注射による副作用を避けるためにはこのような方法で女性ホルモンを摂取する方がよいでしょう。

薄毛の原因はジヒドロテストステロン(DHT)

日本で多くの男性が悩まされているAGA(男性型脱毛症)は、テストステロンと主に前頭部や頭頂部で多く作られる5αリダクターゼ(5α還元酵素)という酵素が合わさってできるジヒドロテストステロン(DHT)が原因で起こります。

5αリダクターゼが作られやすい体質は遺伝しやすく、両親や祖父母で薄毛の人がいると自分も薄毛になる可能性があります。つまりテストステロンが多くても薄毛になりにくい人もいるわけです。

薄毛を改善するには5αリダクターゼの働きを抑制すること

AGAによる薄毛を改善するためには、5αリダクターゼの働きを抑制することが重要で、病院で治療を受けるとこの働きが期待できる内服薬が処方されます。この内服薬に含まれている主な成分がフィナステリドであり服用した人の8割程の人の抜け毛がストップしたという数値もありますのでぜひ一度病院に相談してみることをおすすめします。


よく読まれている人気エントリーまとめ

AGA・薄毛治療おすすめ病院ランキング