4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

ドラッグストアや通信販売などで「育毛剤」「発毛剤」「養毛剤」の3つが販売されていますが、3つの違いがはっきりと分かる人は少ないと思います。3つはまず薬事法ではっきりと区別されています。

育毛剤とは

育毛とは文字通り「今ある毛を育てていく」ことです。育毛剤は薬事法で医薬部外品に区別されており、医薬品の発毛剤よりは効果が薄いので新しく髪が生える効果はあまり期待できませんが、化粧品の養毛剤よりは効果が期待できます。

まずはこれ以上抜け毛が増えるのを防ぎ、次に新しい髪が生えてくるための頭皮環境を整えます。女性向けの育毛剤も販売されていますが、比較的誰にでも効果が得られるように優しい成分で作られたものが多いです。

発毛剤とは

発毛とは「現在髪が生えていない毛穴から新しい髪を発毛させる」ことです。発毛剤は薬事法で医薬品に分類されるため医師に処方してもらうか、ドラッグストアなどで第一類、第二類、第三類に分類された商品が販売されており、第一類については薬剤師の説明を受けてから購入できます。

育毛剤や養毛剤との違いは「最も高い発毛の効果が期待できる」ということですが、その分副作用にも注意が必要です。例えばフィナステリドは男性にとっては重要な性欲減退や精子数の減少といった症状だけでなく、頭皮のかゆみや湿疹などの副作用を起こす可能性があります。

また発毛剤も育毛剤も自分の頭皮の力で発毛させたり髪を元気にするため、効果が出るまでに時間がかかり、根気よく使わなければなりません。更にもちろん効果のない人もいます。しかし効果を得られると後は自分の髪としてヘアスタイルを楽しむことができます。

養毛剤とは

養毛とは「今生えている髪を元気にすること」という意味があります。養毛剤は薬事法で化粧品に分類され、3つの中では誰にでも効果が得られるように最も優しい成分で作られているため副作用の心配もほとんどありません。特に髪の栄養成分や皮脂を抑える成分などが含まれており、女性用のヘアエッセンスや男性用のトニックなどは養毛剤に分類されるものが多いです。

実は最近の養毛剤は発毛を促進する成分が含まれたものも販売されており、現在では幅広い目的で使われています。もし発毛を期待するのであれば育毛剤や発毛剤を使った方がよいかもしれません。

薄毛対策のためにはこの3つの他にも「増毛」があり、今ある毛に人工の毛や自分の薄毛ではない部分の毛を縛り付けたり、人工の毛がついたシートを貼りつける方法です。育毛や発毛は「自力で髪を増やす」のに対し、増毛は「人工的に毛を増やす」という違いがあるため、自分の毛が増えたとは言えません。

言うまでもなく個人の薄毛の状況によってどのような対策を選ぶべきかが違います。まずは自分がどこまで薄毛を改善させたいかを明確にする必要がありますが、分からない場合は専門家の意見を借りて自分にあった方法を選択しましょう。


よく読まれている人気エントリーまとめ

最新版!人気の男性用育毛剤おすすめランキング