4a727c45da2b1c00678768a1edc368f1_s

【2018年版】男性用育毛剤おすすめランキング

育毛剤の成分をチェックしよう

育毛剤を使っている人の口コミを見ると「私には効かない!」という口コミを見かけます。育毛剤には薄毛を起こしている原因にあった成分が含まれていて、自分の薄毛の原因に合ったものを選ばなければなりません。

例えば頭皮に炎症を起こしている人が血行促進作用や保湿作用が含まれている育毛剤を選んでも効果が出るのに時間がかかります。まずは炎症を改善するための対策が必要で、抗炎症作用の含まれた育毛剤がおすすめです。

またAGAを起こしている人がAGAの原因の男性ホルモンを作る「5α還元酵素」の働きを抑制する成分が含まれていない育毛剤を使っても意味がありません。自分の薄毛の原因が分からない人は必要であれば専門家の力を借り、自分にあった育毛剤を選びたいです。

育毛剤の効果が出るまでの期間

育毛剤を使い始めて1か月も立たないうちに「効果なし」と口コミを寄せている人が見受けられます。一般的に市販されている医薬部外品の育毛剤はこの期間ではまだ効果は期待できません。

多くの育毛剤で1か月程度使って早い人で「抜け毛が減った」と感じる人がいても稀なケースです。平均的には3か月程度で「髪にコシがでてきた」「産毛が生えてきた」と感じ始める人が増え、半年程度で多くの人が何らかの効果を実感します。医薬部外品の育毛剤の多くは半年程度使うことを推奨しています。

ちなみに男性の場合は最大で6年ほどかけて髪が生え変わりますが、AGAの人はこの間隔が短くなり数か月ということもあります。このサイクルには「成長期→退行期→休止期」の3つの時期があり、休止期を終えて髪が抜け落ちてから新しい髪が生える準備に3か月程度、そして生えてきたことを実感するのに1か月はかかるため最低でも3か月は使わないと効果を実感できないのです。

育毛剤の正しい使い方

どれだけ高い育毛剤を買っても使い方が悪いと効果は得られません。育毛剤は夜にシャンプーをした後の頭皮が綺麗な状態に使うことが重要で、シャンプーをした後は頭皮の毛穴が開いていて成分が浸透しやすいと言われています。

またほとんどの育毛剤は効果は1日継続しないので朝と晩の2回つけること、そして毛穴に成分を浸透させるためにつけてすぐに頭皮マッサージをすることで血行促進作用も得られます。

更に育毛剤は液体ですが目には見えない粒子がいくつも含まれています。頭皮の毛穴に十分に成分を浸透させるためにも「ナノ化」された成分が使われている育毛剤もおすすめです。

それでも育毛剤の効果が実感できない場合

育毛剤を半年程度使ってもなんら変化を感じない場合は他の手段を考えた方がよいでしょう。現在使っている育毛剤とは全く別の育毛剤を使う方法もありますがチャップアップブブカのように塗る育毛剤とサプリを両方販売している商品もあり、体の外側と内側からアプローチできて高い効果を期待できます。

もしくは病院で治療を受け、薄毛を起こしている原因にあった治療薬を処方してもらうことをおすすめします。

育毛剤おすすめランキング