cadb36a8c35429c5462ccfba8f685f4a_s

【2018年版】男性用育毛剤おすすめランキング

医薬部外品の育毛剤とミノキシジル配合の医薬品を併用して大丈夫?

育毛剤は法律で主に病院で処方される「医薬品」に分類されるもの、市販されている「医薬部外品」に分類されるもの、そして「化粧品」に分類されるものの3種類があります。効果の高さから言えば医薬品→医薬部外品→化粧品の順に高くこの順で副作用の危険も高いと言えます。

そして本来であれば病院や薬剤師からしか処方してもらえない「医薬品」に分類されるものは海外からの個人輸入を利用すれば、同じ成分を含む海外製の育毛剤を簡単に入手できてしまうのです。

例えば医薬品に分類される育毛剤に使われる成分の一つで「ミノキシジル(血管拡張効果)」が有名ですが、ミノキシジルは「最強の育毛剤」とも言われるほど効果が高い分、副作用の心配も高いです。ミノキシジルは「リアップ」や「ロゲイン(飲むタイプ)」などに含まれています。

「リアップ」の公式サイトにも「他の育毛剤との併用は避けて」というような文言があり、併用するなら自己責任で行いましょう。

併用するなら朝晩どっちを使えばいい?

まずは併用する育毛剤に書かれている(病院で指導される)注意をしっかりと守ることは重要です。必要であれば医師や薬剤師、育毛剤の販売会社などに相談することをおすすめします。

併用する場合には医薬部外品の育毛剤はできるだけ無添加、無香料で天然の成分が多く含まれたお肌に優しいものを選び、医薬品の育毛剤と含まれている成分の効果がかぶらないものを選びたいです。(初めて育毛剤を使う人には難しいので専門家に相談した方がよいでしょう。)

ちなみに夜の10時以降に寝る際に髪が成長するホルモンが分泌されると言われているため効果の高い医薬品を晩に使って育毛の手助けをしてもよいかもしれません。(何度も言いますが、使用方法は必ず守りましょう。)

育毛剤を併用するよりサプリやAGA治療薬を併用した方が効果が高い

チャップアップやブブカには塗る育毛剤と併用すると高い効果を発揮するサプリメントが販売されていて、両方利用すれば更に効果を期待でき、もちろん副作用の心配もありません。また違うメーカーの医薬部外品の塗る育毛剤とサプリの併用でもいいかもしれませんが、説明を必ず読んで利用しましょう。

もしくは病院で処方される、いわゆる「AGA治療薬」の併用なら効果が高いとも言われています。例えばミノキシジルとフィナステリド(5α還元酵素の働きを阻害する成分)を含むAGA治療薬の併用で、どちらかを内服薬、どちらかを外用薬にすれば効果が期待できます。

ただし現在日本ではフィナステリドを含む内服薬は「プロペシア」しか承認されていないため、プロペシアとリアップのような塗る育毛剤の併用という方法があります。安易に個人輸入を利用してフィナステリドを含む海外製の内服薬を使うことはやめておいた方がよいでしょう。またAGA治療薬同士の併用は副作用の可能性はゼロではないことは知っておきましょう。

育毛剤おすすめランキング