名前 ムラフ
性別 男性
年齢 30代
職業 会社員

髪の毛は多いタイプだったはずが・・・

私は小学校の時から会った人や美容室の方からもこんなに髪の毛が多い子がいるんですねーと言われ続けてきました。両親共に髪の毛の量は多く、薄毛というものは自分の中では完全に無縁のものだと思っていました。ただ、母親のお父さん(私からしたらおじいちゃん)は薄毛というよりはセンター部分がほとんどなく俗に言うバーコードというものでした。

隔世遺伝というものを聞いたのは高校生の時でしたが、私には正直全く無縁の物と思っていました。高校自体からバンドを始めヴィジュアル系バンドなどもやっていたので、髪の毛を逆立てたり、ねじったりしていてかなりのダメージは受けていたと思います。

また高校を卒業してからはハイブリーチを掛けたりパーマをかけたりと人以上に髪の毛のケアに関してはしていなかったと思います。担当の美容師の方にもこんなに頻繁にパーマとかカラーしても大丈夫とは言われていました。生活も昼間は仕事をして夜は友達などと遊び夜中に帰ってすぐに寝て朝シャンプーをすると生活がかなり続いておりました。

そうすると25才を超えた位から周りの友人や取引先の方から少し髪の毛が薄くなったんじゃないか?そんなにおデコ広かった?と言われる事が多くなりました。もちろん私自身その事を受け入れることをせずに今日の髪型ですなど言っていました。

30歳を迎える頃には目に見えるほど薄毛に・・・

それから月日が流れることに自分の両親などにも心配されるようになり、自分でも朝髪の毛をセットする際に前髪の隙間が気になるようになりました。何とか隠さないと恥ずかしいというくらいになった時は30歳を迎える直前でした。

シャンプーなどをしている時も抜け毛が多く、排水口が詰まる事も多くなりました。自分でも気になってくると周りの目がもっと気になるようになり、会話をしていても相手の方が相手の目線が頭にあるんじゃないかと気になることが多くなりました。スカルプDやリアップなどもそのあたりから買うようになり、続けていましたが効果が見られずにどんどん進化(髪の毛は後退)していきました。

開き直ってみたものの・・・

自分から言うことは無かったので職場の人間からは特に突っ込まれることもなかったのですが、ある飲み会で僕よりも量のある後輩がお前は薄毛だと言われており、思い切って後輩が薄毛なら僕はどうなるんですか?wと聞くと、待ってましたとばかり周りの人間から薄毛を攻め立てられました…

でも、ここでわたしも逆に開き直ることができたんです。陰口で薄毛だと言われるよりは、私のキャラクター的には薄毛キャラでこれから行く方が気持ちは楽なんです!

ただし、正直これ以上髪の毛を失うことはしたくありません。飲み薬など色々とネットで調べている今日この頃…

やっぱり髪の毛はないよりもあった方がいいです!隔世遺伝もあるかもしれませんが、自分のケアや不節制をしないことでもう少し防げたんじゃないかとも思っています。

将来薄毛が不安な方には前もったケア、あとは特に睡眠時間が大切なようなので健康的な生活をお勧めいたします。薄毛キャラもいいですが、その場は良くても家に帰ると結構凹んだりします。


管理人のコメント

薄毛を改善するには早期の対策が重要です。男性の薄毛は遺伝が影響するのは間違いありませんので、家系(特に母方)に薄毛の方がいる場合、早めに対策をすることで薄毛の進行を遅らせることができます。遺伝による薄毛はジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制するのがポイント。育毛剤はDHTの生成を阻害する成分が配合されてるものを選びましょう。


よく読まれている人気エントリーまとめ

最新版!人気の男性用育毛剤おすすめランキング