名前 薄毛 山ちゃん
性別 男性
年齢 50代
職業 会社員

髪質が直毛から縮毛に変化し始めて・・・

55歳、男性、会社員です。現在、薄毛で悩んでいます。

若い時はどちらかというと髪の毛のボリュームがかなり多い方で、理髪店に行くと必ず「髪の毛をかなり多めに透いて下さい」と注文していました。なので、まさか自分が「薄毛」に悩むことになるとは、夢にもおもいませんでした。

髪の毛に変化が表れ始めたのは40歳を過ぎた頃です。元々直毛だった髪の毛がよれよれになった感じで、ウエーブがかかり始めました。最初の頃は「シャンプーをちゃんと洗い流さなかったせい」かと考えていましたが、多分髪の毛が細くなり始めてウエーブがかかり始めたのだと思います。

そんな状態が暫く続いたあと、だんだん髪の毛のボリュームが減ってきて、ヘアスタイルが決まらなくなってきました。

その為、最初はシャンプーの後に比較的お手軽価格の「サクセス育毛ローション」などの育毛剤を使って、頭皮のマッサージをして様子を見ていました。でも、一度抜け始めた頭皮には何の効果も見られませんでした。特に薄くなり始めたのが髪の毛の生え際で、いわゆる「M字ハゲ」状態になってきました。

その為、50歳を過ぎた頃から、「日本で唯一の発毛剤のリアップX5」を使ってみたり、「薬用育毛剤の柑気楼」、「浸透型発毛促進剤の ナノアクションD 」等、色々な育毛剤を試しています。

現在は「 薬用ポリピュアEX 」を使っています。多分この育毛剤はもう2年以上使い続けていると思います。この育毛剤を使い始めたのは、インターネットの「人気育毛剤ランキング」で常に人気上位にランキングされているのがきっかけです。

今まで、色々な育毛剤を使っていますが、残念ながらこれといった効果は見られていないのが現実です。

確かに育毛剤を使う前に比べると「抜け毛が減ってきた」印象がありますが、決して「髪の毛が増えてはいない」状態です。簡単には髪の毛は増えませんね。かみさんに言わせると「抜け毛が減ってきた」のは「抜ける毛が無くなってきたから」というのが、かみさんのシビアな感想で、たしかにその意見には説得力があるように思います。

ただ、そんな自分が育毛剤を使い続けているのは、「育毛剤を辞めて、今よりももっと髪の毛が抜けたらどうしよう」と思う気持ちがあるからです。

これから、暑くなる季節は我々薄毛のオジサンにはますます辛い季節です。なぜなら、髪の毛が汗で余計ボリュームが無くなり、地肌が脂汗でテカテカ光って目立ってしまうからです。

やはり、効果があるのかどうかわからない「育毛剤」を使うのでは無く、AGA治療のお医者さんに相談するのが、一番の早道なのかもしれませんね。


管理人のコメント

育毛剤の役割は「薄毛の進行を抑制」して「今ある髪を育てる」ことです。したがって既に抜けてしまった毛根から髪を生やすことはできません。薄毛の進行を抑制することで徐々に毛量が戻ってはきますが、手っ取り早く髪の量を増やすには、AGA専門の病院で治療を受けるのが早いです。


よく読まれている人気エントリーまとめ

AGA・薄毛治療おすすめ病院ランキング