名前 ユリア
性別 女性
年齢 40代
職業 主婦

産後の薄毛を改善後、円形脱毛症に・・・

子供を出産後に産後の薄毛を経験し、2年位で改善してホッとしていた矢先に今度は、円形脱毛症を経験しました。

いつもと変わらない日常を送っていたある日、後頭部の右耳下あたりにかゆみを感じ、その部分に指で触ったら「え!髪!髪がない!?」触ったところがやけにツルツルしていました。もの凄くびっくりしてしまい、その日は「頭がはげてしまった、どうしよう・・・」とそればっかり考えていました。

鏡で見にくいところなので、自分でまじまじと確認することが出来ず、家族に確認してもらったら、はげている所は真っ白で、毛穴もなく、本当にツルツル、はげの大きさは五百円玉位ということでした。

それからはパソコンで調べまくって、自分が円形脱毛症であることを知りました。はげとの境目の髪を少し引っ張ってみて、すぐ抜けるようだったらまだ脱毛は進み、抜けた髪は毛の根元が細く鉛筆みたいにとがっている、という情報をもとに自分で試したらすぐ抜けるし根元はとがってるし、と更に落ち込みました。

円形脱毛症になった原因

円形脱毛症はストレスが主な原因のようです。確かにストレスは感じていますが、それはいつものことなのに、何かほかに原因があるのではないかと、自分の過ごしてきた日々を思い返してみました。

円形脱毛症になる前にインフルエンザにかかり、薬を飲んだことを思い出し服薬した薬のことを調べてみると、副作用で円形脱毛になったという子供がいました。
「これだ!これが原因だったんだ」とその時は自分で変に納得してしまいました。

それからは毎日髪を触って、まだ脱毛が進んでいるか確認していました。鏡ではなかなか確認できないので、携帯のカメラで撮って確認する、ということもやっていました。はげの部分は毛穴がなく、ツルツル、真っ白で凄く違和感があり、気持ち悪いとさえ感じますが、手触りは凄くよかったのを覚えています。

いくら人からは見えにくい場所でもはげているのは事実です。はげてからは、人には自虐ネタのように笑って話していましたが、心の中はぜんぜん違っていました。中には、笑ってる場合じゃないでしょ、と叱ってくれる人もいました。

外出時は、風が吹いて、はげているところを誰かに見られるのが怖く、必ず髪を結びました。結んでいても、隙間から見えるんじゃないか、といつも気になってしょうがありませんでした。

でも、病院へ行こうとは思いませんでした。
調べて、自然に治ると分かっていたからです。

円形脱毛症は少しずつ回復

円形脱毛になってから半年位経ったころだったと思いますが、ツルツルの部分に何か触れるものを感じました。指先に神経を集中させて触ってみると、細い短い産毛が生えていました。

飛び上がる位嬉しく、すぐ旦那に報告しました。
旦那も「良かったな!」といって一緒に喜んでくれました。

それからは順調に生えてきて、いつの間にか元に戻っていました。

円形脱毛症が再発!

そしてまた2年後、円形脱毛症を発見してしまいました。少し頭がかゆいと感じると、必要以上に指で確認する、という作業を続けてきたおかげで早めに見つけることが出来た2回目の円形脱毛。

ショックは前回のときほどは感じず、またか、という思いでした。でもここではっきりしたのは、前回の円形脱毛は薬の副作用ではなかったということです。
今回はげる前には、何も服薬していませんでしたから。

今度は反対側の左耳の下に小豆大の大きさでした。
以前調べた時に、耳の横あたりに出来る円形脱毛は再発の可能性が高い、という知識があったおかげで、ある程度は、次があるかも、と覚悟していたんだと思います。

2回目の円形脱毛もちゃんと自然に治ったので良かったのですが、今でも、またいつはげるんだろう、という恐怖はあります。でも次にまた円形脱毛になっても「またきたか!ま、しょうがないな、付き合ってやるか」くらいの気持ちで立ち向かっていこうと思っています。


管理人のコメント

円形脱毛症も軽度の場合は10円~500円大の部分ハゲで済みますが、重度の場合は一気に髪が無くなってしまうこともあります。症状が軽度なら自然治癒を待ちながら経過観察するのもよいでしょうが、大きくなってきた場合はなるべく早く病院で診察を受けることをおすすめします。


よく読まれている人気エントリーまとめ

AGA・薄毛治療おすすめ病院ランキング