名前 ちかい
性別 女性
年齢 30代
職業 自由業

父方の家系が薄毛だった

女である私の髪が薄くなるなんて思ってもみませんでした。もともと父親は全体的に密度が低いかんじで、頭皮が髪の間から光って見えるタイプのはげでした。それも私の記憶では30代にはすでにそんなかんじで、髪をもりあげてカバーするスタイリングに朝から洗面台を占拠していました。

その父親の妹や母親も若いときからつむじが大きく剥げてしまい、ウイッグがなければ外出なんてできない状態だったので、私も気を付けるように冗談っぽく言われていたのです。

カラーリングやスタイリングで頭皮への負担が蓄積

私は中学時代からわりとおしゃれに目覚めて、髪のカラーリングやカーラーで巻くことが日常でした。もう少し歳を重ねるとパーマもしたし、毎日ひっぱりあげたり、整髪料をバカほど使っていたにもかかわらず、メイクのクレンジングはしっかりしても、髪に関してはクレンジングに無頓着でした。

今思えばそれがあだになったのか家系なのかは判別できませんが、20代にはつむじと前髪がすごく薄くなってきて、前から多少その気配はあったのですが、頭皮が光ってすけて見えるようになってしまったのです。当時の私は周囲からファッションリーダーの様に言われていただけに、すごくショックを受けました。

かといって、いきなり髪を染めるのをやめたり、入念なスタイリングをやめるわけにはいきませんでした。ヘアサロンでは美容師に警告されるようにもなりました。髪をあらってもらうときの抜け毛が多かったのと、どうみても頭皮が硬くなり光沢がでてしまっていたからです。

薄毛を隠し通すことはできたけど・・・

まつ毛はすでにダメージを避けるためにエクステを欠かさずやっていましたから、髪も短く切ってエクステをすることにしました。カラーの頻度も減るし、パーマやカーラーをやめることができるからです。

とはいえつむじや前髪の薄さは救いようがないので、短くレイヤーをたくさん入れて、空気がたくさん入るカットにしてもらって、つねにふんわりさせてカバーすることができたのです。ただ、雨の日は困りました。やはり地肌が見えてしまうのです。でもそこにウイッグをのせて通気性を悪くしてしまうと良くない気がしたのでじっと我慢です。

その頃、私には結婚を意識した恋人ができたのですが、いつも頑張ってブローしているさまを隠し通していたため、どれだけ仲良くなってもお泊りデートができませんでした。髪を洗いたくないからです。

ある時旅行に誘われて、ほとほと困り果てた私は20代半ばにもなるのに「親が厳しい」という言い訳で断ったところ、だんだん連絡が減ってしまって、ついには別れるはめになってしまったのです。それほどこのコンプレックスは20代の私にはどうしても拭い去ることはできませんでした。

こんなに髪のことで自分が悩むなんて思いもしなかったので、もっと早くからいたわっておけばよかったと後悔しています。


管理人のコメント

ヘアカラーやスタイリング剤による頭皮のダメージは、女性の薄毛の原因の一つです。若い頃は気にならない方も、30代、40代と年齢を経るごとに女性ホルモンも減少していき、一気にびまん性脱毛症になることもあります。家系に薄毛の方がいる場合は、将来的に薄毛になる可能性が高いので、なるべく頭皮に負担をかけないように気をつけましょう。また、薄毛に兆候が表れたら、女性用の育毛剤で頭皮ケアすることで薄毛の進行を抑制することができます。


よく読まれている人気エントリーまとめ

口コミで人気の女性用育毛剤おすすめランキング