名前 禿クルーズ
性別 男性
年齢 40代
職業 自由業

イケメン俳優似のはずが・・・

わたしは若いころ、どちらかというと髪の毛が多いほうでした。家系的にもはげている人がほとんどいないので、自分がはげることを想像することは一度もありませんでした。

わたしは何もかもが父とうり二つなのですが、父は若いころから剛毛ではげる気配は全くなかったようなのですが、40代くらいから髪の毛がどんどん白くなっていったようです。そしてさらに襟足付近がどんどんカールしていったようです。ですからわたしも父と同じようになるんだろうなと思っていました。

わたしよく人から、トムクルーズに似ていると言われていました。他に似ているといわれたのは、吉田栄作、B’Zの稲葉浩志、などいわゆる2枚目ばかりです。正直、自分でもよく似ていると思っていました。キャラクター的にはげは似合いません。絶対にNGです。

でも20代の半ばころから、どうも頭髪の様子が変化してきました。

忍び寄るハゲの恐怖

最初に変化を感じたのは、シャンプーのときです。ある日シャンプーをしていると、今までに感じたことがなかったような、オヤジ臭を感じたのです。そのころから明らかに、頭髪や頭皮が油でベタベタしてきているような感じでした。

原因をいろいろ考えてみると、仕事のストレス、結婚のストレス、食生活の変化などが考えられました。しかし、それほど深刻なものではないだろうと楽観的に考えて、何も対策をとることはありませんでした。

でも30を過ぎたころ、ある時妻から指摘されてしまいました。

「頭のてっぺんが薄くなってるよ。」

正直わたしは冗談かと思いました。でも鏡で確認してみると確かに、薄くなっています。

よくよく考えてみると、このころ朝起きると枕元に大量の髪が落ちていました。シャンプーをすると排水溝にも髪が詰まっていました。知らず知らずのうちに、髪の毛が結構抜けていたようです。

この時はさすがに大ショックでした。2枚目にはげなんて考えられません。それからというもの、出かけるときはできるだけキャップか帽子を着用するようにしました。でもこれにより頭が蒸れてしまったからか、抜け毛が加速してしまったようです。

頭頂部は完全にハゲてしまいました

3年後くらいには、見事に頭のてっぺんだけ丸く禿げあがってしまいました。幸い、わたしは長身なので、頭のてっぺんを人に見られてしまうことは少ないのですが、それからというもの常に頭を意識して姿勢を崩さないようにしました。

あれ以来、しっかり頭皮を洗うようにしたり、帽子で蒸れすぎないように注意することによって現状を維持することができています。もしこれ以上はげが進行してしまうなら、カツラなども検討しようと思っています。


管理人のコメント

せっかくのイケメンもハゲてしまうと台無しです。男性の薄毛の場合、頭皮ケアだけでは薄毛の進行をストップすることはできません。男性型脱毛症(AGA)の原因は、ジヒドロテストステロンというホルモンがヘアサイクルを乱してしまうのが原因なので、ジヒドロテストステロンが生成されるのを抑制する成分が含まれた育毛剤を使うことをおすすめします。


よく読まれている人気エントリーまとめ

最新版!人気の男性用育毛剤おすすめランキング