名前 くまさん
性別 男性
年齢 20代
職業 会社員

大学生の頃から薄毛を自覚し始めました

私が薄毛を感じ始めたのが大学3年生の時となります。高校生の時は毎日のように髪の毛に整髪料をつけて学校に通っていましたし、大学に入学してからは整髪料に加えて髪の毛にパーマを当てたり茶髪に染めたりしていたので、髪の毛にダメージが蓄積されたのだと思います。

薄毛を感じ始めてからは髪の毛を染めたりパーマを当てたりするのを止めましたし、整髪料をつける頻度も多いく減らしました。

大学を卒業して社会人になってからは整髪料をつけることも殆どなくなったのですが、仕事のストレスのせいか、ますます薄毛の症状は進行し、全体的にボリュームが少なくなりました。

また前髪部分の後退症状が激しく、おでこ部分の面積が急速に広がっていくことを実感し始めたのです。しかし仕事の忙しさにかまけて特に頭皮や髪の毛に対するケアは行っていませんでした。

本格的に薄毛のケアを始めのが28歳になってからです。社会人になってからは髪の毛を伸ばしていたのですが、すっきりさせるために髪をバッサリと切ったところ、隠されていた薄毛症状や前髪の後退が顕になったのです。対策を講じ始めてからは薄毛症状の症状の進行はなんとか食い止められています。

食生活改善と頭皮ケアで効果が表れ始めました

薄毛対策や前髪の後退対策として現在行っているのが食事療法とシャンプーとコンディショナーによる頭皮ケアです。

食事に関しては脂っこい食事を多く摂ると皮脂の分泌量が増えて頭皮環境が悪化するという情報を得たのでできる限り脂っこい食事は控えています。逆にミネラルを摂ると髪に良いと聞いたのでミネラルを多く含んでいる海藻類を積極的に摂取しています。

シャンプーとリンスに関してはリーブ21のホームケアシャンプー&コンディショナーを使っています。このシャンプーとコンディショナーを使い始めてからは髪の毛にコシとボリュームが戻ってきたように感じています。

これ以上薄毛が進行するならAGA治療を検討

現段階では食事療法とシャンプー・コンディショナーによる対策しか考えていませんが、もし再び薄毛症状や前髪の後退が進むようであれば病院を受診して薄毛治療に取り組んでみようと考えています。現在ではAGA治療を行っているクリニックなども多くあるので専門的な対策を講じることに希望を見出したいと考えています。

またヘアコンタクトやカツラの使用にも抵抗はないため、将来どうしようも無くなった場合にはこれらの方法でハゲを隠そうと考えています。


管理人のコメント

薄毛対策を始めるのは早いに越したことはありません。若いうちは生活習慣の改善と頭皮ケアで薄毛の進行を抑制することができますが、今後30代、40代と年齢を重ねるにつれて薄毛の進行も加速していきますので、若いうちからAGA治療を検討するのも一つの手です。


よく読まれている人気エントリーまとめ

AGA・薄毛治療おすすめ病院ランキング