c2fd386788d3a75f5e322ecd70d44815_s

抗がん剤治療で髪が抜ける理由

抗がん剤には大きく分けて2種類の抗がん剤があります。細胞障害性抗がん剤はがん細胞だけでなくその他の正常細胞も同様に攻撃をしてしまいます。そのため、脱毛だけではなく様々な重い副作用が出てしまいます。

もう一つは分子標的薬という抗がん剤でがん細胞が持つ標的となる分子を攻撃するので、ガン細胞のみを攻撃することができます。そのため正常細胞を攻撃してしまうことは少なく、全く副作用が無いわけではありませんが、細胞障害性抗がん剤のような脱毛などの副作用はおこりにくいと言われています。

すべてのがんに対して分子標的薬があれば副作用が起こりにくくてよいのではないかと考えてしまいますが、まだ開発されていなかったり、細胞障害性抗がん剤の方が効果が得られたりとそうもいかないのが現状です。

そして抗がん剤で脱毛が起こる原因は実はまだ解明されていません。毛のように細胞分裂が比較的早い細胞で影響が出やすいとも言われています。

つまり副作用による脱毛の場合、頭髪だけでなく、全身の体毛に対して影響が出ます。

抗がん剤治療後、髪が生えてくるまでどのくらい?

抗がん剤の投与が始まると2、3週間くらいで脱毛が始まります。細胞障害性抗がん剤の場合他の細胞も攻撃してしまうため、投与期間と、休止期間を交互に行います。

投薬を休止したり、治療が終了すると1、2か月で毛の再生が始まる人もいるようですが、個人差や薬の種類、その他の治療との組み合わせも関係してきますので、なかなか毛が生えてこないという方もいます。治療を終えて半年ほどすると多くの方が回復してくるようです。

抗がん剤治療後、何年も髪が戻らない人もいる

しかし、中には治療を終えても何年も髪が再生してこない方もいます。もしくは生えてきても元通りにはならないこともあります。毛にはもともとの毛質や遺伝的要素も大きいため、再生は個人差が大きいのです。

また、再生してきた髪や体毛の質が以前と変わることもあります。真っ直ぐだった髪がくせ毛のようになったり、その逆もあります。徐々に元の毛質に戻っていきますが、それも個人差が大きく、いつになったら元通りになるのかなど、明確にはわからないのが現状です。

髪を生えやすくする頭皮ケア

治療を終えてもなかなか毛が再生してこない場合、副作用の他にも考えられる要因があります。

一般的に男性の脱毛は遺伝的要素が大きいと言われていますが、女性の場合は頭皮環境の悪化や髪の糖化が原因と言われています。

糖化とは体内においてタンパク質と余分な糖が酵素を介さないで結びつき、タンパク質が変性してしまうことです、タンパク質は体を構成する物質です。毛ももちろんそうです。

糖化による最終生成物はAGEsと呼ばれ、老化の原因物質として研究が盛んに行われています。皮膚が糖化すると固くなるため発毛には大きな障害となることがあります。髪の発毛外来でも女性にはこの糖化に対する治療を行うこともあります。

糖化して固くなった頭皮を柔らかくするために抗糖化成分の入った天然成分主体の育毛剤もあります。自宅で手軽にケアできるので発毛外来へ行ったり、外出が苦痛という場合にも便利です。

なかなか髪が生えてこないともどかしく、気持ちも重く沈んでしまいがちですが、気持ちの面からもストレスで血流が悪くなることさえあります。血流の悪化は発毛には大敵です。前向きに少しずつでも発毛していけるように気長にケアしていくことが大事です。

関連記事:抗がん剤治療後の抜け毛に効く女性用育毛剤


よく読まれている人気エントリーまとめ

口コミで人気の女性用育毛剤おすすめランキング