06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_s

出産後に抜け毛が増える理由

検診の時に助産師さんからお話があるのでたいていのママがご存じのことですが、産後にホルモンのバランスが崩れることによって抜け毛が増えることがあります。ほとんどのママが経験することなのでママ友の会話でも出ることが多いかも知れませんね。

産後の脱毛は出産後2ヶ月くらいから始まります。朝起きたら枕の抜け毛の多さで気づいたり、シャンプーすると指に抜け毛がごそっとからまったりしてショックを受ける方も多いようです。

この抜け毛は産後にエストロゲン、プロゲステロンという女性ホルモンが関与しています。

妊娠中は赤ちゃんを守り栄養を送り出さなければならないため子宮や胎盤は妊娠前より活発に活動しています。そのため妊娠していないときよりも体内の女性ホルモンは増加しています。

また、これらの女性ホルモンは髪の成長にも関与しています。よく妊娠中に体毛が毛深くなるという現象が起きる方もいますが、これは増加した女性ホルモンの影響で毛周期が変化し、毛が抜けにくくなるからなのです。

出産後は卵巣からのエストロゲン、プロゲステロンの分泌量は妊娠前の量までもどります。

妊娠中に体内に蓄積されていたので体内の女性ホルモン量は徐々に減少してゆき、だいたい2ヶ月ほどで妊娠前の体内の女性ホルモン量へともどるのです。

この時に毛周期が変化し、抜けていなかった毛が一気に抜け出します。そのために抜け毛が増えたと感じるのです。

産後の抜け毛はいつからいつまで続くが普通なの?

このように産後の抜け毛は、病気ではなく生理的なものです。産後脱毛症などと書かれていたりするので不安になってしまいますよね。

女性ホルモン量の変化により起きる脱毛なので時間の経過と共に自然に治癒(脱毛の減少)するのが一般的です。多くの方が出産後6ヶ月位からだんだんと抜け毛が減少し、1年ほどで出産前と同じくらいに戻ると言われています。

1年経っても産後の抜け毛が終わらない理由

しかし、中には1年経っても産後の抜け毛が減少しないと言う方もいます。

例えば高齢出産となると体の機能は20代で出産する時よりも元の状態に戻るのは遅くなります。そのため晩婚化が進み高齢出産が増えると脱毛がなかなか治まらないと言った悩みを持つ方も増えるかもしれません。

産後の育児ストレスにより脱毛が増えてしまう方もいます。また、産後のホルモンバランスの変化とストレスにより産後うつになる方も少なくありません。

不慣れな育児と産後の体の回復、ホルモンバランスが重なり、出産後はそれまで経験したことのない程の負担が体にかかっているのです。

中には脱毛が治まらず、髪が抜けすぎてウィッグを使う方もいます。ただ、その場合は単に産後のホルモンバランスの変化だけが原因ではない可能性もあります。

しかし子供がいるとなかなか1人で病院もいけませんよね。まずは子供の検診の時にでも産婦人科医や助産師さんに相談するようにしましょう。

出産した病院でなくても近所に婦人科のクリニックがあればお金はかかりますが血液検査なども行ってくれますので一度検査してみるのもよいでしょう。

1年以上続く産後の抜け毛を治すためには

医者に相談して、特に問題がないようであれば食事や生活を見直してみるのがよいでしょう。

育児に追われなかなか睡眠時間は十分に取れないかもしれませんが、1歳くらいになれば夜中ぐずったりすることはあってもほとんどの赤ちゃんが授乳をしないでも朝まで眠ってくれるようになります。

ホルモンは午前2時ころまでの数時間に分泌量が増加しますのでその時間帯はしっかり睡眠をとるようにし、ホルモンバランスを整えるようにしましょう。

食事ではタンパク質はもちろん、鉄分ミネラル、ビタミン類をバランスよく摂取するように心がけましょう。特に母乳だと食べていても産後痩せていくと言われるくらい母乳に栄養素がとられています。妊娠中に太ったからと言って無理に急に痩せようとせず、しっかり食事をとるようにしましょう。

また、商品によってはやや高額ではありますが育毛剤を使用するのもおすすめです。産後は肌が敏感になっていますので無添加のものを選ぶとよいでしょう。産後の脱毛症に特化した育毛剤はたくさんの商品がありますので自分に合ったものを探すようにしましょう。

関連記事:産後の抜け毛に効く女性用育毛剤


よく読まれている人気エントリーまとめ

口コミで人気の女性用育毛剤おすすめランキング