34e4731ba409c5df2fdac696ce9df877_s

ヘアサイクルとは?

髪の毛には寿命があり、生えては抜け、また新たに生えてくるといった一定の周期を繰り返しています。この毛周期のことを「ヘアサイクル」といい、薄毛や抜け毛など脱毛症と深く関わることなので、薄毛・抜け毛が心配な人は、ヘアサイクルの仕組みをしっかりと理解しておくことが大切です。

ヘアサイクルには3つの段階があります。以下のそれぞれの時期と特徴についてご紹介します。

① 成長期(通常4~6年ほど)

毛細胞が分裂を繰り返し、毛が太く長く、ぐんぐん成長する時期です。毛髪の90%は成長期の状態にあります。

② 退行期(通常2~3週間程度)

毛母細胞の成長が退行してくる時期で、成長期が終わると退行期に入ります。

③ 休止期(通常2~4か月)

毛母細胞の分裂は完全に止まり、髪の毛の寿命が終わる時期です。新たに毛が生えてくる成長期に戻るための準備が行われ、成長期に入ると古い毛が抜け落ちます。

ちなみに髪の毛1本1本の毛周期は異なっているので、一気に抜けてしまうことはありません。退行期と休止期にある毛髪は全体の10%ほどで、1日に50本~100本ほど抜けても正常範囲なのであまり心配する必要はありません。

薄毛の原因はヘアサイクルの乱れ

ヘアサイクルの仕組み(古い毛が抜け落ち、また新たに毛が生えてくること)により、常に一定の毛髪量を保たれています。抜け毛も季節や生活環境によっても異なり、抜け毛が最も多い秋では、1日に200本ほど抜けてしまう場合もありますが、正常範囲内なので心配はありません。

ただし、はっきりとした原因がある訳でないのに、明らかに抜け毛が増えて地肌が目立つようになってしまう場合、ヘアサイクルが乱れている可能性が高いです。

haircycle

ヘアサイクルが乱れると成長途中の毛髪が抜け落ちてしまうため毛髪の成長期が短くなり、退行期から休止期、そして毛が抜けるまでの期間が早まり、どんどん抜け毛が増えていきます。このため新しく生えてくる毛の準備が追い付かず、薄毛になってしまうのです。薄毛の人に見られる抜け毛の特徴は、成長しきれずに抜けてしまった細く短い毛が多い点です。

このため、抜け毛や薄毛を予防・改善するためには、まずヘアサイクルを正常に改善することが大切です。では、具体的にどのような方法があるのか、下記にご紹介しますので参考にしていただけると幸いです。

薄毛を改善するには、ヘアサイクルを改善すること

薄毛を改善し、正常なヘアサイクルを取り戻すためには具体的に何をすればよいのでしょうか?

以下にヘアサイクルのポイントを紹介します。

① 生活環境の改善

暴飲暴食や食生活の欧米化やジャンクフード、肉中心の食事などで脂肪摂取量が多いと、皮脂が過剰分泌され、毛穴が脂分で詰まってしまうため髪の毛の成長が止まり、抜け落ちてしまうなど抜け毛・薄毛の大きな要因となります。

改善策として頭皮や髪によいビタミンAやビタミンEをたっぷり含むカボチャやニンジン、青菜などの緑黄色野菜やビタミン・ミネラルを多く含む海藻類をたっぷり摂り、栄養バランスがよく、規則正しい食生活をしましょう。

② 頭皮環境の改善

カラーリングやパーマ、整髪剤の他、長時間、髪を強く縛ることも抜け毛の原因となります。普段から頭皮に刺激を与えないよう心がけ、頭皮の清潔を保ちつつ、乾燥を防ぐなど、頭皮ケアをしっかりと行いましょう。

この他にも、過度のダイエットによる栄養不足や睡眠不足、出産、加齢によるホルモンバランスが崩れもヘアサイクルの乱れにつながります。生活習慣改善で薄毛が改善されない場合は専門の病院で薄毛の原因を検査して治療を受けることをおすすめします。

男性型脱毛症(AGA)の原因と改善方法まとめ
女性の薄毛の原因と改善方法まとめ