6035815a4a20fc94250d32e018272c34_s

紫外線が頭皮に与える悪影響

髪や頭皮は、生活習慣やストレス、頭皮環境の悪化などにより様々なダメージを受けますが、中でも紫外線によって受けるダメージは、外的要因として最も大きな要因となります。

そもそも強い日差しはシミやそばかす、小じわの原因となるため美容の大敵といったイメージが強いのですが、実際、頭皮や髪にはどんな影響があるのでしょうか?以下に紫外線を浴びた頭皮のメカニズムについて説明します。

まず、紫外線を浴びると細胞に有害な影響を与える活性酸素がたくさん発生します。その活性酸素によって頭皮の皮脂が酸化して過酸化脂質に変化するため、酸化した皮脂増加に伴いフケが増え、さらに悪化すると皮膚炎になる危険性もあります。特に暑い夏は、汗や皮脂が大量に分泌され、頭皮環境が悪化しやすく、抜け毛や薄毛にもなりやすいシーズンなので注意が必要です。

また紫外線のダメージを受けた毛根部分が髪の毛をしっかりと支えられなくなると、髪の毛が成長する前の段階で抜け落ちてしまい抜け毛につながります。特に夏の強い日差しにダメージを受けると頭皮が痛みやすく、秋ごろに抜け毛や薄毛といった症状が現れる傾向があります。

紫外線は毛髪にも悪影響

紫外線が頭皮の老化につながり、有害な影響をもたらすことは上記にも説明しましたが、頭皮だけではなく髪にも大きな影響を与えます。以下に紫外線が髪に与える悪影響について説明します。

まず、紫外線により髪のキューティクルが破壊されることから、毛髪がダメージを受け、抜け毛にもつながります。本来、キューティクルは鱗のような形をしており、キューティクル内に保持された水分で髪をガードする役割を担っています。しかし、紫外線を浴びることでキューティクルに蓄えられた水分が乾燥して開いてしまい、剥がれ落ちてしまいます。

こうなると髪の内部にまで紫外線が浸透して毛髪の主要成分・タンパク質を破壊してしまいます。毛の内部(タンパク質)には、健康な髪に欠かせない水分や栄養分が含まれていることから、キューティクル破壊により抜け毛や切れ毛、乾燥によるパサつきなど様々なトラブルにつながります。

紫外線対策としては、基本的には帽子がおすすめです。長時間被っていると蒸れによる抜け毛の原因にもなりますが、小まめに換気することで、ある程度は蒸れを防げるし、紫外線を防げるメリットの方がはるかに大きいでしょう。他にも様々なタイプの日傘やUVグッズなども販売されているので、ご自身に合った方法で紫外線対策されることをおすすめします。

薄毛が進行中なのに大量に紫外線を浴びてしまったら

夏場は海水浴やプール、アウトドアなど、長時間紫外線を浴びる機会が多いので、しっかりと紫外線対策をすることが大切です。ただ、既に薄毛が進行している人は紫外線ダメージを上手く分散させることができず、頭皮や髪に直にダメージを受けてしまう傾向があります。

そこで今回は、薄毛なのに大量に紫外線を浴びてしまったケースの対処法について以下に紹介します。

頭皮を洗浄する

紫外線を浴び、大量に汗をかき、皮脂がたくさん分泌されることで頭皮は雑菌の温床となり、さらなる抜け毛や薄毛の原因となります。そこで、紫外線を浴びた後はすぐにシャワーを浴びるなどして常に頭皮を清潔に保ちましょう。特に、頭皮や髪に優しい低刺激のシャンプーを使いましょう。特に海水浴では、紫外線の他、海水の塩分も髪や頭皮にダメージを与えるので、すぐにシャワーを浴び、しっかりと海水を落としましょう。

頭皮環境を改善する

ダメージを受けた髪や頭皮は、炎症効果や保湿成分配合の育毛剤やヘアトニックでしっかりとケアをすると効果的です。ご自身の毛質・肌質にあった製品を厳選してください。

夏場は紫外線の量も増え、最も多く紫外線にさらされる髪や頭皮は紫外線ダメージを受ける機会も多いのですが、しっかりと対策をとることで薄毛の進行を食い止めるこができます。是非、参考に紫外線対策を実践してみてください。

男性型脱毛症(AGA)の原因と改善方法まとめ
女性の薄毛の原因と改善方法まとめ