480589d45436d749357a24d195691de8_s

まずは食生活!頭頂部の薄毛を改善する食べ物

頭頂部の薄毛はAGA(男性型脱毛症)とも呼ばれ、薄毛に悩む男性に最も多いタイプです。AGA対策は様々な方面での育毛ケアが重要なポイントとなってきますが、まずは生活習慣の見直しが基本です。食生活の改善に加え、十分な睡眠や適度な運動、そして体の内面から髪や頭皮によい環境づくりを行いましょう!以下に頭頂部の薄毛に効果的な食品を紹介しますので是非参考にしていただけると幸いです。

タンパク質

肉や魚、大豆、大豆製品などに多く含まれます。特に、大豆製品・魚介類・鶏のささみは良質なたんぱく質は脂肪も少なく、良質なたんぱく質がたっぷり含まれる優秀食材です。

海藻類

海藻類に含まれるヌメリ成分・フコイダン成分には発毛促進効果が期待できます。

ビタミン・ミネラル

野菜類や果物にたくさん含まれ、脂質・糖質・タンパク質の働きを促進させます。特にみかんの皮には毛乳頭細胞を増やし、頭皮を柔らかくする効果があります。

亜鉛

亜鉛は牡蠣やホタテ、レバー、ウナギ、ナッツ類等に多く含まれ、タンパク質を髪に変える働きをします。特にレバーには亜鉛をはじめ、ビタミン類や鉄分など髪によい栄養素がたっぷり含まれています。

コラーゲン

手羽先などに多く含まれています。肌に潤いを与え、柔らかくする効果があるので、頭皮環境を整える効果があります。

頭頂部の薄毛に効果的なサプリの成分

基本的には上記のような様々な食品を毎日バランスのよく摂り入れられるのがベストですが、忙しく毎日のレシピを考えるのが面倒という人は、サプリを利用して栄養補給するのもおすすめです。以下にAGA対策として頭頂部の薄毛に効果的なサプリの成分を紹介します。

亜鉛

髪の毛は99%がケラチンという成分で構成されています。亜鉛はケラチンの合成に必要不可欠な重要成分です。また、5a-リダクターゼが、男性ホルモン(テストステロン)と結合することで、育毛を抑制し、抜け毛の原因となる強力な男性ホルモンdhtに変換されます。AGA対策としてdhtの分泌を抑えるために、まずは5a-リダクターゼを制御する必要があるのですが、亜鉛には5aリダクターゼを制御する効果も期待できます。

ノコギリヤシ

ノコギリヤシには、AGA専門の治療薬フィナステリドに近い5aリダクターゼ制御効果があります。このため、育毛サプリメントをはじめ育毛剤や育毛シャンプーにもノコギリヤが配合されています。

アロエエキス・リモネン

フィナステリドや亜鉛、ノコギリヤシほどの効果はありませんが、アロエエキスやみかんに含まれるリモネンにも5aリダクターゼを抑制する効果があります。

サプリには、AGA治療薬ののような副作用が一切ないので、副作用が心配な方は、上記のような天然成分がベースの育毛サプリメントがおすすめです。

頭頂部の薄毛を改善するにはシャンプーより育毛剤が有効

生え際の後退や頭頂部の薄毛として最も多くの男性を悩ますAGA、対策として育毛シャンプーを使うという方法もあります。ただ、市販の育毛シャンプーには、AGAの原因物質・DHTの生成を抑えるため5aリダクターゼを制御できる成分が配合されていません。このためシャンプーのみでAGAを改善するのは難しいでしょう。

そこでAGAや抜け毛に効果を発揮する育毛剤を使うのも手段です。AGA対策の育毛剤選びの重要ポイントを以下に紹介します。

男性ホルモンの影響を抑制する効果

ヘアサイクルを狂わせ、抜け毛・薄毛を引き起こすDHTの生成を抑制するために、テストテロンをDHTへと変換させる5aリダクターゼを制御するタイプの育毛剤であること。

頭皮の血行促進効果

毛髪に必要な栄養素を毛根にまで届けるために、血管を拡張し、血流をよくする成分が配合されている。

頭皮環境改善効果

毛髪生成や成長に欠かせない栄養素や頭皮環境を整える成分が配合されているのと同時に皮脂の過剰分泌を抑える成分が配合されている。

育毛剤の効果の現れ方には個人差がありますが、治療薬のようにすぐに効果を実感できる訳ではありません。早い人では1か月ほどで効果が現れる場合もありますが、半年~1年かかる人もいます。ただ、短期間で効果が現れないからといって使用を止めてしまうのでは意味がありません。少なくとも3か月~半年くらいは継続して、じっくりと経過観察してみましょう。

薄毛の進行が著しい人はAGA治療薬を併用すべし

薄毛のタイプによって原因や治療法も様々ですが、AGAの場合、薄毛になっても毛包自体しっかり残っているので、適切な治療を行えば改善することも可能です。

ただ、AGAは進行性の脱毛症なので、何も対処せず放置するとハゲが広がり、最後には頭全体に広がってしまうケースもあります。特に脱毛の進行が早く、一般の育毛剤、育毛シャンプーでは改善が難しい場合、AGA専用の治療薬の併用がおすすめです。

AGA専用の治療薬を以下に列挙します。

ミノキシジル

AGAの治療薬としては、最もポピュラーで、AGAクリニックでも外用治療薬として最も多く処方されます。ミノキシジルは既に進行している薄毛に効果的で、血管拡張や血行促進することで発毛効果が期待できます。

ミノキシジルは薬剤師が常駐しているドラックストアであれば購入することができます。ちなみにミノキシジル配合の育毛剤として大正製薬の「リアップ×5」やファイザー製薬が販売する海外製の育毛剤「ロゲイン」が市販されています。

フィナステリド

フィナステリド以外にもプロペシアやフィンペシア、フインカーも同様の成分で、製造会社や含有量によって呼び名が異なります。主に5aリダクターゼを制御することで、AGAの原因物質dhtの変換量を抑制する効果があります。入手方法は、専門のクリニックで処方してもらうか、個人かあるいは輸入代行業者を通して海外から輸入することになります。

関連記事:AGA・薄毛治療おすすめ病院ランキング

副作用が心配ならサプリを併用すべし

AGAでも薄毛が進行している人の場合、弱ってしまった毛根が自力で蘇る可能性はほとんどありません。また、AGAの根本原因でもある5aリダクターゼを制御できなければ、脱毛の原因ホルモンdhtは生成され続け、脱毛は広がる一方です。しかし、こういった既に進行している薄毛にも高い発毛効果を発揮するのがミノキシジルです。

ただ、ミノキシジル最大のデメリットは強い副作用を伴うことです。以下に副作用について列挙します。

  • 全身の多毛症状
  • 皮膚の痒み・ニキビ・アレルギー反応・湿疹などといった肌トラブルの危険性
  • 服用による初期脱毛(服用を始めることで1日に100本~200本も抜けることもあります)
  • 循環器系の障害(低血圧・不整脈・動悸・むくみ・頭痛など)

また、フィナステリドもミノキシジルほど多くありませんが、以下のような副作用が報告されています。

  • ED、性欲減退
  • 長期間使用服用し続けなければならず、使用を止めた途端、再び脱毛が進行してしまう。

AGA治療薬は、AGA対策として効果の高いのがメリットですが、ずっと継続することを考えると、やはり副作用が心配ですよね。そこで、副作用もなく、薄毛を効果的に改善できる方法として育毛剤と育毛サプリの併用もおすすめです。今では開発・研究が進み、ミノキシジルとほぼ同等な効果を期待できる医療部外品の育毛剤やサプリなども販売されているので検討してみてはいかがでしょうか?

関連記事:最新版!人気の男性用育毛剤おすすめランキング