名前 あふろ
性別 男性
年齢 20代
職業 会社員

20代半ばから薄くなり始めました

20代後半男性です。
私は、10代の頃から髪の毛を染めたりパーマをかけたりと頻繁にして髪の毛が痛んでいる状態が結構ありました。その為なのかは分からないですが、25歳あたりから気が付くと後頭部が薄くなりはじめました。

さすがにまだ20代でハゲるのはマズイと思い非常に焦った為にいろいろな薄毛対策を実践してきました。また、父親や祖父などでハゲている人はあまりいないので薄毛やハゲに関しては自分は問題ないとも思っておりました。

まずは生活習慣を改善を試みるも・・・

まず最初に行った事は、禁煙する事や食生活や生活習慣を改善しようと思い行動しました。
禁煙は少しずつ減らし禁煙は出来たのできました。

しかし、生活習慣は、仕事上で夜遅くなる事もあったりしました。
食生活に至っては最初の頃は外食やコンビニ弁当などを減らし自炊したり野菜や海草類を食べていたのですが、一人暮らしでなかなか続ける事が難しくなったので辞めてしまいました。

その為に、食生活、生活習慣は改善できませんでしたので、髪の毛が増えたなどの効果はありませんでした。

改善しようとしてストレスも溜まってしまっていた事にも気付きましたので、逆に髪の毛にとって良くないと思った事も辞めた原因です。

薬用シャンプーを使ってみるも、効果は無し

次に実践した事は、やはり定番の薬用シャンプーを購入して使用しました。
同じ商品を数か月使用して経過を観察しましたが、あまり実感が得られなかったので、違うメーカーの薬用シャンプーも使用してみました。

しかし、こちらの商品も自分の頭皮に合わないのか、効果が得られませんでした。シャンプーを使用すると同時に髪の毛の洗い方も調べて頭皮をマッサージするように洗ってもおりました。

他には、お風呂から出た後は、髪の毛は濡れたまんまでしたが、薄毛になってからは、しっかりとドライヤーで乾かして毛を痛めないようにもしておりました。
しかし、薄毛の進行は止まりませんでした。

薄毛の改善はあきらめました

髪の毛が気になり始めてからは、外出する時はワックスで薄毛の所に他の箇所の髪の毛を持っていくようにセットしたり、帽子をかぶったりしていました。

気にすればするほど薄毛の進行も止まらなくなるような気もしてきました。
帽子は必需品でしたが、帽子を被っていると頭が痒くなったり蒸れたりと薄毛も進行しているような気がしました。

薄毛対策は全くもって実感が得られず失敗に終わりました。
もう諦めようと思い、現状を受け入れてからある程度気にしないようにした所、ストレスが思った以上になくなり薄毛の箇所に少しずつ毛が増えてきて、今は薄毛はさほど気にならないようになりました。

これからは、進行しても失敗ばかりしてたので、薄毛は受け入れようかとも思っております。


あきらめないで!失敗しない育毛剤の選び方

最新版!人気の男性用育毛剤おすすめランキング