d89fe9bab88fab3fbabfabb8646d097e_s

2017年4月最新版!女性用育毛剤おすすめランキング

妊娠中に育毛剤、赤ちゃんに影響ない?

妊娠中、授乳中の女性は薬の使用については制限が多いことはよく知られていますが、育毛剤についても同様で育毛剤選びは慎重に行わなければなりません。

特に最近では男性用の育毛剤で女性が使えるものが増えてきています。しかし含まれている成分によっては妊娠中の女性が育毛剤に触れるだけでお腹の赤ちゃんが男の子の場合、生殖器に影響が出るものがあるため注意が必要です。確実に言えるのは「ミノキシジル」や「フィナステリド」が含まれた育毛剤は使わない方がよいでしょう。男性の家族で育毛剤を使っている人がいる場合も注意が必要です。

そもそも妊娠するとホルモンバランスの影響やお腹の赤ちゃんに栄養を奪われるため抜け毛が進行する可能性があります。これは誰にでも起こりうることでそれほど深刻になる問題ではなく放置しておいても自然に少々は治まります。むしろ心配しすぎることが症状を悪化させる可能性もあります。

もちろん育毛剤を使っても症状を早く改善させることができますので「妊娠中でも育毛剤が使えるか」を医師に相談するか、もしくは育毛剤を作っているメーカーのホームページを確認したいです。また妊娠する前から薄毛に悩んでいて育毛剤を使ってきた人はその育毛剤を使うことができるかも一度確認したいです。

それでも心配な場合は出産と授乳を終えるまでは一旦育毛剤の使用をやめておいたほうが安心でしょう。

医薬部外品の女性用育毛剤を選ぶこと

育毛剤は薬事法という法律で「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」に分類することができます。医薬品に分類される育毛剤は即効性がありますが、医師に処方してもらったり薬剤師に相談して購入しなければなりません。そして女性用育毛剤は医薬部外品に分類されるものが最も多く、誰にでも使えるように比較的おだやかな成分が含まれていて医薬品に分類される育毛剤よりも副作用の心配は少ないです。

ドラッグストアやインターネット通販で入手できる育毛剤のほとんどが医薬部外品に分類されますが、薬剤師や育毛剤のメーカーに念のため事前に確認した方がよいでしょう。

さらに無添加の女性用育毛剤を選ぶこと

妊娠中や授乳中の女性が使う育毛剤は医薬部外品で無添加であれば妊娠中のデリケートな肌でも副作用の心配はほとんどありません。また育毛剤の匂いにも敏感になりやすいため、無香料でアルコールも含まれていない方がよいでしょう。(無香料でもアルコールの匂いが気になる人もいるため)その他にもパラベン、鉱物油、着色料、石油系合成界面活性剤などできるだけ含まれていない方がおすすめです。

育毛剤には「○○無添加」と表示することが法律で義務付けられており、無添加であればサプリメントタイプの育毛剤もおすすめです。そしてできるだけ天然の成分が多く含まれているものを選びましょう。分からない場合はインターネットの口コミもぜひ参考にしてみてください。

育毛剤おすすめランキング
最新版!女性用育毛剤おすすめランキング