818f7d5fed4128880dc453895a482190_s

【2017年4月版】男性用育毛剤おすすめランキング

育毛剤の添加物が頭皮に悪影響を与える?

育毛剤に含まれている成分はいくつかあります。中でもアルコール、香料、着色料、酸化防止剤、防腐剤、安定剤などといった化学成分が多く含まれていると髪や頭皮に悪影響を与える可能性があります。育毛剤は長期的に使わないと効果を得られない人が多く、特にお肌の弱い人は無添加かつ、天然の成分が多く含まれた育毛剤を選びたいです。

ちなみに化学成分と言っても例えばアルコール(成分名はエタノール、パントテニルエチルエーテルなど)には揮発性があり、頭皮の細胞を破壊しながら奥まで浸透するとすぐに蒸発し、その際に頭皮の皮脂や水分まで一緒に蒸発してしまうため頭皮の乾燥を招きやすいです。

またシリコン(成分名はジメチコン、シリカ、シクロメチコンなど)が含まれているシャンプーや育毛剤は髪を成分で覆ってしまい、髪が呼吸ができなくなって次第にコシがなくなってしまうのでノンシリコンのものを選びたいです。

市販されている育毛剤で「無添加」という表示をよくみかけますが、このような商品は育毛に有効な成分だけが含まれており、化学成分は全く無添加とは言い切れません。法律で医薬部外品や化粧品に分類されている育毛剤は実際には法律で「何が無添加か」を明記する必要があることが規定されており、例えば「着色料無添加」とかかれていると香料が含まれている可能性があります。つまり育毛剤を選ぶ際には含まれている成分を事前に確認することが重要です。

そしてできれば植物から摂取した天然成分が含まれている育毛剤であれば頭皮の弱い人でも安全性が高いです。例えば海藻エキス(M-034)、ニンジンエキス、オウゴンエキス、カンゾウエキスなどがこれらにあたりますが、言うまでもなくこれらの植物にアレルギーを持つ人は注意が必要です。

無添加・天然成分の男性用育毛剤

「株式会社T.Sコーポレーション」が販売するブブカは含まれている成分が多いのが特徴で、石油界面活性剤、パラペン、香料を含んでおらず、女性も使えます。

「株式会社キーリー」が販売するイクオスは無香料、無着色で天然の18の植物成分を含んでいます。

【2017年4月版】男性用育毛剤おすすめランキング

無添加・天然成分の女性用育毛剤

「株式会社ビーボ」が販売するベルタ育毛剤は天然由来の成分が53種類含まれています。石油界面活性剤、パラペン、香料を含んでいません。育毛成分を含めて56種類の成分は女性用育毛剤の中では最も多いです。

「アヴァンセ製薬株式会社」が販売するアンジュレは6つの天然成分が含まれており、産後の抜け毛に特に効果があります。香料、保存料、着色料、防腐剤、界面活性剤を一切含んでいません。

「株式会社レッドビジョン」が販売するマイナチュレは香料、着色料、パラベン、シリコン、石油系界面活性剤などは一切使っていません。27個の植物由来の成分と、3つの育毛成分が含まれています。マイナチュレを半年使った人の8割以上の人が変化があったと回答している人気商品です。

関連記事:女性用育毛剤を徹底比較!!

育毛剤おすすめランキング