7b42235ce5b8b41d3bbf2c0f36fc2af8_s

【2017年4月版】男性用育毛剤おすすめランキング

AGA治療は薬物治療

AGA治療とは基本的に薬物治療です。AGA・男性型脱毛症は男性ホルモンであるテストステロンが毛母細胞中にある5αリアクターゼと結合して、脱毛ホルモン・ジヒドロテストステロンに変化することで発症する仕組みです。

ですから5αリアクターゼを阻害するフィナステリドという化学薬品を主成分とする脱毛抑止剤を使ってAGA治療をします。これには脱毛抑止の効果があります。そして発毛・育毛には血行アップを促進するミノキシジルをセットにして使います。どちらも強い副作用があって、治療には幾種類もの危険をはらんでいます。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルは規制の厳しい日本でも市販されている薬で、比較的危険度の少ない薬品と考えられています。しかし以下の点に注意をしてください。ミノキシジルが生まれた発端は高血圧症の治療薬開発でした。血圧降下剤として作られたのです。その途中で発毛効果が発見され、現在は発毛剤として使われる様になりました。血圧を下げる効果は血管を拡張させ、血流を良くする働きからです。それによって毛根が活性化して育毛するシステムです。

ミノキシジルの危険な副作用に血圧を必要以上に下げ、低血圧になるケースがあります。それによって慢性的な頭痛やめまい、冷え性に不眠症を発症します。症状がひどくなると下痢や便秘、息切れや不整脈を起こす事もあります。またよくある症状に体全体の多毛症やニキビ・肌荒れ、そして性的不能・性欲減退などに苦しむ方も少なくありません。

脱毛抑止の医薬品の副作用

一方の脱毛抑止剤の主成分・フィナステリドも最初は前立腺肥大症の薬として開発されました。偶然発毛効果が確認されて発毛剤として使われる様になったのです。この脱毛抑止剤はミノキシジルよりも副作用の強い薬です。精力低下・勃起不全・精子の不活発は意外と多く報告されています。これはホルモンバランスが大きく崩れる事で起こる症状です。また肝機能障害もあります。原因はよく分かっていませんがこの医薬品が異質な化学物質だからでしょうか、肝臓に何らかの負担を掛けることは十分に考えられます。そして胸が膨らんでしまう女性化や鬱症状に悩む方もいます。ストレスによる過食から肥満になってしまう方も随分と多くみられる様です。

この様にミノキシジルもフィナステリド配合の脱毛抑止剤も危険な副作用を持っている化学薬品だという事を知っておくと良いでしょう。フィナステリド配合の脱毛抑止剤は必ず医師の処方下で使用すべきですし、ミノキシジルも個人の判断で乱用するのは控えましょう。

育毛剤おすすめランキング