1b3e6b9132a3e4f097e17e106bde35af_s

【2017年4月版】男性用育毛剤おすすめランキング

AGA治療の効果

AGA・男性型脱毛症は主に思春期以降の男性に起こる脱毛症です。原因としては精巣から分泌される男性ホルモンが変質して脱毛作用を起こしているとあります。

男性ホルモン・テストステロンが毛母細胞中の5αリアクターゼと結合して脱毛ホルモン・ジヒドロテストステロンに変換される事でAGAが発症します。そこで5αリアクターゼを阻害するフィナステリドを主成分とするプロペシアでAGA治療はなされます。そして血行アップを促進するミノキシジルをセットにしてAGA治療を行う事もあります。治療では生活習慣へのアドバイスや頭皮ケアもおこないます。

こういった方法を3年間継続して治療をした結果、99.4%の方に効果があったというデータがあります。ただしプロペシアは頭頂部と生え際どちらにも脱毛抑制の効果が出ていますが、ミノキシジルは頭頂部の発毛がほとんどで、生え際にはあまり効果が出ていないともあります。ですからAGA治療では生え際を戻すのはちょっと大変だという事を理解しておくと良いでしょう。

AGA治療が効果なしのケース

この様に画期的に育毛効果をもたらすAGA治療ですが、中には効果の出ない方もいます。AGA・男性型脱毛症には2通りの症状があります。一つは毛乳頭にある脱毛酵素・ii型5αリアクターゼが原因の場合、そして皮脂腺にある脱毛酵素・i型5αリアクターゼが原因の場合です。毛乳頭が原因の脱毛症と皮脂腺が起因となっている脱毛症に分かれます。

プロペシアが効かないのはi型5αリアクターゼの場合です。脂漏性といって皮膚から余分な皮脂が分泌され毛穴が詰まってしまう脱毛症の場合なのです。また加齢によって血行不良や新陳代謝が低下して、血中に大量の活性酸素が含まれた状態ですと脱毛の危険性がアップするとも言われています。この場合もプロペシアとミノキシジルの治療だけでは育毛しにくいでしょう。

天然成分の育毛剤の利用

ミノキシジルやフィナステリドで3年程AGA治療を行って効果が出なかった方が天然成分の育毛剤を使って、食習慣の改善・ストレスの解消などを行う事で育毛に成功している例があります。患部だけを対処するのではなく、身体全体の機能を活性化させて自然治癒力を持って改善していく方法は効果的です。

ポイントは末梢血管への血流を増加させて頭皮の血行促進をする事です。頭皮の毛穴に余分な皮脂を溜めないために健全な生活習慣と丁寧な頭皮ケアを同時に行います。そこへ副作用のない天然成分の育毛剤を投入すると相乗効果で納得の育毛が得られるという事です。

育毛剤おすすめランキング