f0274810e4e462f826424c19eb0e9491_s

【2017年4月版】男性用育毛剤おすすめランキング

フィナバルドの開発過程

フィナバルドはAGAと呼ばれる男性型脱毛症に高い効果が認められるプロペシアのジェネリック型医薬品です。

これまでプロペシアのジェネリックとしてフィンペシアという薬が存在していましたが、コーティング剤としてキノリンイエローを使用しているために利用者は激減しています。これはキノリンイエローに発がん性が疑われたからです。

日本では安全性が確認されていないため、キノリンイエローは食品に使用することは禁止されています。フィナバルドはこの発がん性物質を含まない発毛剤です。プロペシアと同様にフィナステリドを含んでいます。キノリンイエローを含まないエフペシアやフィナロといったジェネリック医薬品と比較しても低価格で流通しています。

フィナバルドの効果

フィナバルドはプロペシアのジェネリック医薬品であるため、同じ成分であるフィナステリドを含有しています。

フィナステリドは男性脱毛症に対して高い効果があることで知られた成分で、AGAの主な原因である男性ホルモンのジヒドロテストステロンと2型の5aリダクターゼ還元酵素との交わりを抑制する効果があります。日本で行われた臨床実験においても、服用を3年間継続すると78%の人に薄毛や禿の改善が見られたという結果が出ています。日本皮膚学会の診療指針においても、フィナステリドは最も勧められるとして認められています。

フィナバルドの副作用

フィナバリドの副作用として最も気がかりなのは男性機能の低下です。というのもフィナバリドの主成分であるフィナステリドは、元来は前立腺肥大症の治療薬として開発されたという経緯があるためです。前立腺に効果があるということは、副作用として勃起不全や性欲減退などがあるということになります。

ただ、専門家によると、フィナステリドは男性機能に作用するテストステロンという男性ホルモンに直接影響を与えるわけではないため、フィナステリドを使用した育毛剤によって男性機能に悪影響はないはずだとしています。逆にDHTの生成を抑えるために、テストステロンの量は微妙ながら増えるはずとしています。

アメリカの臨床実験によると、フィナステリドとプラシーボという偽薬を使った試験では、男性機能の不全は思い込みで左右されるという結果が出ています。一般的に育毛剤には男性機能を阻害する成分が含まれているという思いこみがあるために、気になる人は身体的機能にかかわりなく男性機能が低下するのではないかということです。

育毛剤おすすめランキング